<FedexCupポイントランキング>
 「バレロ・テキサス・オープン」終了時点での最新FedexCupポイントランキングが発表された。「バレロ・テキサス・オープン」で最終日に“63”をマークし大逆転優勝を挙げたマーティン・レアード(スコットランド)は前週の157位から18位へジャンプアップを果たしている。
 最終日“66”をマークして単独2位には入るなど、久しぶりに“らしい”ゴルフを見せたローリー・マキロイ(北アイルランド)が前週の122位から92ランクアップの30位につけている。また3位タイに入ったビリー・ホースヘル(米国)が21位から12位へ順位を上げた。
 オープンウィークとなった石川遼は、179位から187位へと順位を下げている。

【FedexCupポイントランキング】
1位:タイガー・ウッズ(1,605pt)
2位:ブラント・スネデカー(1,282pt)
3位:マット・クーチャー(948pt)
4位:フィル・ミケルソン(797pt)
5位:ケビン・ストリールマン(752pt)
6位:ダスティン・ジョンソン(748pt)
7位:スティーブ・ストリッカー(746pt)
8位:チャールズ・ハウエルIII(744pt)
9位:ハンター・メイハン(692pt)
10位:ラッセル・ヘンリー(683pt)
12位:ビリー・ホースヘル(642pt)
18位:マーティン・レアード(563pt)
30位:ローリー・マキロイ(427pt)
187位:石川遼(28pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
ALBA.Netのスーパールーキーが最新クラブを斬る!
麗しの美女ゴルファーを紹介!「今日の美ゴ女」
最新フォトを一挙更新!女子プロ写真館