ヤマト運輸、休止していた福島県一部エリアの集配を再開

写真拡大

ヤマト運輸は、東日本大震災発生以後、福島県の一部地域にて集配を休止していた区域の集配を、4月1日から再開した。

集配が再開したエリアは、福島県の避難指示区域の居住制限区域及び避難指示解除準備区域内の一部のエリアで、南相馬市(小高区金谷地区以外、一部すでに集配可能)・田村市(一部すでに集配可能)・相馬郡飯館村(長泥地区以外)・双葉郡楢葉町・川内村・葛尾村(葛尾字野行地区以外)。

ただし、18時以降の時間帯指定は不可。

今回集配を再開しない双葉郡富岡町・大熊町・双葉町・浪江町・伊達郡川俣町(山木屋地区)の避難指示区域においては、現地状況を確認しながら順次再開する予定だという。