静岡県・浜松市のホテルにゆるキャラ”家康くん”ルーム登場 -浜松城を臨む

写真拡大

ホテル コンコルド浜松は6日、客室「出世大名 家康くんルーム」2ルームの販売を開始する。

同ルームは、昨年、同ホテルで開催した浜松市内4専門学校との産学連携企画「ホテル商品企画アイデアコンテスト」にて優秀賞を受賞した専門学校「浜松デザインカレッジ」の作品をもとに商品化したもの。

部屋は、「紅葉(もみじ)」と「若草(わかくさ)」の2タイプを用意。

室内は、「ゆるキャラ グランプリ2012」において、865エントリー中第7位に輝いた浜松市のマスコットキャラクター「出世大名 家康くん」を各所に配したデザインとなる。

また部屋からは、”出世城”と呼ばれる「浜松城」を望むことができる。

部屋タイプは、2ルームともツインタイプとなり、常設のソファをベッドとして使用することで、3名での利用も可能となる。

料金は、2名利用で1泊朝食付き・1名9,000円。

3名利用は1名7,000円で、ツインルーム+ソファベッドとなる。

宿泊者には特典として、「出世大名 家康くん」グッズと、浜松城の入場券をプレゼントする。

また、夕食は徳川家康公の好物といわれる「鯛」や「茄子」、「濱納豆」を使った「出世大名膳 家康くん」を、通常価格5,000円のところ4,000円で利用できる。

住所は、静岡県浜松市中区元城町109-18。

その他、詳細は同ホテルWebページにて確認できる。