吉川藍子さん(仮名)42歳 外資系金融秘書

写真拡大

■ダメ社員は見た目でわかる

――今日は「一流の男のマナー」座談会ということで、さまざまな業界から口うるさい女性の方たちにお越しいただきました。一流の男、三流の男について思いきり語ってください。まず身なりから。

【吉川】私は外資金融で秘書歴20年ですが、とても恵まれていて、今までついた上司でイヤな人って1人もいなかったんです。最初は英国系の男爵で、次にコックニー(下町)からシティ(ロンドンの金融街)で成り上がった人についたので、比較できておもしろかった。服装は、男爵のほうが袖がすりきれそうなスーツを着ていて、下町育ちの人のほうがお金をかけてパリッとしていました。男爵はダイアナ妃が友人だったという人ですが、身なりはまったく気にしていなかった。どちらも一流の金融マンですが、外見だけでは育ちが逆に見えるかもしれません。

【福井】私は海外からのVIPも多くいらっしゃるホテルで働いています。一流のホテルマンの条件は、まず姿勢や歩き方、立ち居振る舞いですね。お客様がホテルに一歩入られた瞬間、異空間にお連れしなくてはいけない。ロビーに姿勢の悪いくたびれた人が立っていたら、お金に見合ったサービスにはなりません。見かけがよくても凛としていない人は、三流。

【瑞木】うちはITといってもわりと公的機関とか大手電機メーカーとか、堅いところが相手なので、社内の人はスーツが基本。でもエンジニアはデニム。2大不夜城といわれる部署は徹夜が多くて、不潔というより疲れた感じの人が多いです。できない上司は「バブリー」な人。髪がテカテカしてて、「バブリーなにおいのする人」と言うと、社内で誰もがああとわかるような。自慢話ばかりするくせに、学歴コンプレックスが強い。私もずいぶんいじめられたり、責任を押しつけられたりしました。

【吉川】うちは外見がダメな人はそもそも採用しません。今の上司は日本人ですが、ポマードのきつい香りとか、日本のおじさんぽいのが大嫌いなんです。趣味の悪い社員には口うるさく注意する。それも仕事のためです。日本のおじさん臭さは外国人の投資家に嫌われるから。

【明石】同じITでもベンチャーは全然違いますね。私の会社は社長でもまだ40歳前。男子がイケメン芸能人みたいな髪型でもOK。「イケてる」ことが「できる」という文化で、入ったときは理系でダサい人でも、どんどんおしゃれでかっこよくなっていく。髪を染めるのも、ヒゲもありです。体型もいわゆる「小太りのオタク」みたいな人はいなくて、自己管理してる。みんな自分が大好きなんだと思います。長髪の人もいますが、お手入れのいい長髪です。

【福井】文化の違いですね。うちのホテルグループはすごく厳しくて、もみあげは何センチまで、髪の色もこれと決まっています。ヒゲもダメだし、白髪も染めないといけない。ホテルでは身だしなみがきちんとできない人は、仕事ができない人です。バックヤードにはあちこちに鏡があって、自分の姿をチェックしてからお客様の前に出るようになっています。人事も厳しくチェックしている。

――やっぱり一流ホテルにはビジネスホテルのフロントみたいな人はいないんですね。時計とか、身につけるものはどうですか?

【福井】シンガポールオフィスの人はダイヤで文字盤が埋まっているような時計をしていますが、日本人は高くてもギンギラではなく、シック。

【明石】うちはみんな若いし、取締役も若いので、憧れを持ってほしいという意識があると思います。こっそり調べたら取締役の時計は数百万円するものでした。若い子はファッションも凝っていて、「あ、雑誌で見たことがあるバッグを持ってる」とか、IT回りの小物にも凝りますね。

――仕事ができない人の態度はどうですか?

【瑞木】4つの机を4人で使っている部署があるんですが、書類がどんどん侵略してくる……。

【吉川】1人いました、そういう人。個室があるんですが、物が捨てられないので、中はぐしゃぐしゃ。そういう人は判断がぶれますね。物が整理できるかどうかって重要です。できる人は2日前に仕事を頼み、ダメな人は帰り際に頼む。

■一流ビジネスマンはここが違う!

――ベンチャー系は、社内ではかなり自由なんでしょうか?

【明石】上下関係がかなりフラットです。みなあだ名で呼びあったりする。年功序列ではなく、成果を出した人がえらいんです。降格もあるので、非常にフラットな組織になっています。社長に直接意見も言えます。机の上で携帯いじるのも仕事のうちなので、人から見たら自由なオフィスに見えると思います。

【瑞木】外資系ITも含めて他社と一堂に会するような機会があったんですが、外資はフランクだけども、人をけなすような人はいないし、自分の主張はするけれども、相手の言い分も受け入れる姿勢がある。一緒にプロジェクトをやった人からメールがきて「今バリ島にいるから打ち上げはバリ島でやろうよ」って。

【吉川】中途半端な人が一番威張る。それでいて、部下との食事でも会計はワリカンだったり。知らないうちに会計を済ませているような段取りのいい人が出世します。お土産とかも、賞味期限まで気にする男の子は出世していきました。

――みなさんが出会った超一流の人について教えてください。

【福井】某一流ブランドの本社のトップの方が来日したとき、荷物は事前に届いて、全部プレスをして部屋にかけておくよう指示がありました。王族や貴族もいらっしゃいますが、やっぱり立ち居振る舞いとかオーラが全然違うんですよね。しぐさがゆったりしていて、立っているだけで存在感がある。Tシャツに短パンみたいな格好でふらりと現れても、余裕感が違うのですぐにわかります。そしてフレンドリーで優しい。ホテルの従業員にも必ずお礼を言ってくださるんですよ。

【吉川】わかります。貴族の上司は自分をこきおろして私を笑わせてくれるような人でした。英国はユーモアがステータスというような側面があるので。テレビで見るような一流の財界人にもお会いしますが、みなさん本当に腰が低い。

【瑞木】そうですね。宴会で取り分け役が副社長だったりする。

【福井】反対に苦情を出してくるのは、いわゆる「成り金」の方。これだけ払っているんだから、当たり前だろっていうのが見えます。

【瑞木】グローバル化とかいわれても、本当にできる人は、海外との交渉も日本語で全部やってきます(笑)。ありえない額を提示されたら、「マジありえへん」とか言う。「ちゃんと主張して、ディスカッションできることが大事なんだ」という人です。できる人は変化を恐れず、楽しめる人。流れの速い業界なので、新しいことに対して、いやいや今までのほうがよかったよっていう人は、ダメですね。

――最後に女性に対する態度はどうでしょうか?

【福井】“After you please”があたりまえですね。一流の方はエレベーターから、スタッフでも女性を先におろします。

【吉川】上司は冗談みたいによく言います。「この人は僕のボスですから」「家では家内に、会社ではもうこの人に従ってます」って。

(白河桃子=構成 澁谷高晴=撮影)