●最高の仲間たち

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©VisualArt's/Key/Team Little Busters!

TVアニメ「リトルバスターズ!」がTOKYOMXテレビ及びAT-Xその他から放送されています。

<キャスト>
直枝理樹:堀江由衣
棗 鈴:たみやすともえ
棗 恭介:緑川 光
井ノ原真人:神奈延年
宮沢謙吾:織田優成
神北小毬:やなせなつみ
三枝葉留佳、二木佳奈多:すずきけいこ
能美クドリャフカ、チェルヌシカ(クドの母):若林直美
来ヶ谷唯湖:田中涼子
西園美魚、西園美鳥:巽 悠衣子
笹瀬川佐々美:徳井青空
古式みゆき:本多陽子

●ストーリー
両親を失い、絶望の淵にいた少年・直枝理樹。そんな彼に救いの手を差し伸べたのは「正義の味方・リトルバスターズ」を名乗る少年達のリーダー「棗恭介」だった。
彼ら4人と過ごすお祭り騒ぎのような日々。理樹はいつの間にか心の痛みも寂しさも忘れていた。

――それから数年後。
理樹達の友情は変わらず続いていたが、進学や就職…将来のことを考えなければいけない歳になっていた。理樹は再びみんなで“今でしか出来ない何かをしたい”と願い始める。そんな彼の願いに応えるかのように、ある日突然、恭介は宣言する。
「野球チームを作る。チーム名は…リトルバスターズだ」
かけがえの無い青春の真っ只中、理樹とリトルバスターズの物語が幕を開ける!
●ハイテンション宮沢謙吾
棗 恭介「今このときから、理樹、お前がリーダーだ!」

先日の突然の話に思索する直枝理樹。彼の話はいつも唐突で、今回も冗談なのでは?と思いながら。そこに、

宮沢謙吾「いやっほー。リトルバスターズは最高だ!野球だ!1燃えてきたぞ!」

極めてハイテンションな宮沢謙吾、自前のロゴ入りジャンバーまで作ってきます。

宮沢謙吾「俺が考えたリトルバスターズステップで行くぞ!」

彼のハイテンション振りは今まで見られなかった、というよりその素質は昔からあったのかもしれません。とにかく、初試合は目前です。
●直枝理樹、リーダーとして
棗 恭介は元々後任のリーダーとして直枝理樹を考えていたらしく、また彼自身も就職活動で忙しくなることもあったりするため、今回の件は本気のようです。

棗 恭介「理樹、リーダーとしての初指令は点呼なんてのはどうだ!」
直枝理樹「や、やってみるよ!」


しかしながら、

井ノ原真人「ごめん。俺、今何番なのか判らねえよ!」
宮沢謙吾「俺は。」
直枝理樹「忘れてた。」
宮沢謙吾「九!」


点呼は失敗、いかもグラウンドは工事のため本日使用禁止だそうで、彼は携帯電話の電源を切っていたためその連絡漏れが発生してしまいました。
●リーダーとして認められるという事
棗 恭介「理樹、お前はいつまでも俺に頼ってはいけない。いつまでも俺の背中についてきちゃいけないんだ!」

リーダーとして不安がある直枝理樹ですが、棗 恭介は彼が今までリトルバスターズの仲間の悩みを解決し、そしてチームを増やしてきた事を認めています。

直枝理樹「恭介を乗り越える、そんな事、考えた事も無かった!」

そんな悩みを抱いているとき、三枝葉留佳は彼に対して感謝し、西園美魚は相手チームのデータ分析を揃えたノートを準備します。彼女達には彼がリーダーだと認めてもらえているようですね!

直枝理樹「恭介、僕はまだ弱い。でもいつか恭介を超えるリーダーになれるようにする!」

そんな直枝理樹はもう立派なリーダー、それは皆が認めている事なのです。
●初試合
そうして迎えた初試合。敗戦ではありますが、思ったよりも善戦したといえた結果のようです。

棗 恭介「リトルバスターズは最高だ!」

※そう言えば「世界の秘密」は分かったのでしょうか?

「リトルバスターズ!」、今回で終了ですが…。

「リトルバスターズ!〜Refrain〜」制作決定!


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「リトルバスターズ!」第25話「宮沢謙吾、生きがい探し!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「リトルバスターズ!」第24話「人形劇をやろう!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「リトルバスターズ!」第23話「クド、帰ってくる!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「リトルバスターズ!」第22話「クドの決断」(ネタばれ注意)
【アニメ】「リトルバスターズ!」第21話「クドのお母さん」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「リトルバスターズ!」TVアニメ公式Webサイト
「リトルバスターズ!」AT-X公式Webサイト