念願のプロ初優勝を挙げた比嘉真美子(撮影:ALBA)

写真拡大

<ヤマハレディースオープン葛城 最終日◇7日◇葛城ゴルフ倶楽部山名C(6,549ヤード・パー72)>
 静岡県にある葛城ゴルフ倶楽部山名コースで開催された「ヤマハレディースオープン葛城」。午前中は断続的な雨、午後からは台風並みの強風と選手たちにとってとてつもなくタフな一日となった最終日。多くの選手がスコアメイクに苦しむ中、試合はトータル4アンダーをマークした比嘉真美子、大江香織、テレサ・ルーの3選手によるプレーオフに突入。2ホール目でバーディを奪った比嘉真美子がツアー初優勝を挙げた。
比嘉真美子の今季成績&プロフィールなど
 トータル2アンダーの12位タイからスタートした比嘉。スタートホールでボギーを先行させたが、6番パー5で120ヤードのサードショットを2メートルにつけバーディを奪い返すと続く7番でもバーディを奪い、前半はスコアを1つ伸ばして折り返す。後半に入って激しさを増す強風の前に中々スコアを伸ばせない比嘉だったが、しっかりとパーを重ね、15番ロングでこの日3つ目のバーデイを記録。後半もスコアを1つ伸ばしトータル4アンダーで首位タイに並びプレーオフの権利を掴み取った。
 プレーオフ1ホール目では比嘉と大江が3オンでバーディチャンスにつけたが、共にバーディを奪うことはできず、決着は2ホール目へ。その2ホール目では、ティショットをグリーンまで残り220ヤードの地点まで運んだ比嘉が5Wで2オン狙い。ボールはグリーン右手前のバンカーに捕まったが、これをピン1.5メートルに寄せバーディ。他の2人がパーに終わったため、比嘉のツアー初優勝が決まった。
 「言葉にならない感じですけど…とにかく嬉しいです」と初優勝の感想を語った比嘉。19歳178日でのツアー優勝は史上6番目の記録であり、4日間競技に限れば日本人の中では最年少の優勝だ。「アマの時から勝ちたいという強い気持ちがありました。でもいざプロになって優勝できて、思ったより早かったなって感じです」とフル参戦初年度の早い段階でのツアー初優勝を振り返った。
 アマチュア時代からプレーオフでは負けなしの強さを誇ったという比嘉。プレーオフに勝つ秘訣について問われると「プレーオフやマッチプレーでは自分を曲げないことが大事です。相手は全く意識せず自分の思ったプレーを貫いています」と回答。この自分のプレーを曲げずにプレーする断固とした姿勢が台風並みの強風の中でプレーする上で強みとなったのかもしれない。
 「4日間競技は本当に実力のある選手でないと勝てない試合だと考えています。今回、4日間競技をタフなコンディションの中、優勝できたことは本当に自信になりますし、今後につながっていくと思います」と話した比嘉。アマチュア時代、日本女子アマ連覇など輝かしい実績を挙げた大器が、プロとして戦っていく上で重要な“大きな自信”を手に入れた。才能溢れる次代のスター候補がこれからどこまで成長していくのか、大いに期待したい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
LIVE写真館で国内女子ツアーを振り返る
麗しの美人ゴルファーを紹介!「今日の美ゴ女」
ALBA.Netのスーパールーキーが最新クラブを斬る!
AKB48山内鈴蘭の特撰フォトギャラリー