■社会人として自立するためのガイド

社会人になるとはどういうことか。仕事のうえでは、単なる自分の感想ではなく数字などの事実をベースに論理を積み上げ、考えを述べたりレポートにまとめたりしなければならない。最初の5冊は、社会人としての基本を知るための入門書だ。『自分のアタマで考えよう』は、そのときどうすればよいかを導いてくれる。

手前味噌で恐縮だが、職場の礼儀作法を知るには弊社の副社長・岩瀬大輔が書いた『入社1年目の教科書』が役に立つ。ノウハウを知ったあとは、私の著書『「思考軸」をつくれ』で自分なりの考え方をどう確立するかを学んでほしい。

仕事よりも私的な時間が大事だというのが私の持論。『働きながら、社会を変える。』を読むと、仕事一辺倒ではない別の道もあることに気づかされる。もっとも、あまり堅苦しく考えるのもよくない。『元気と勇気が湧いてくる経済の考え方』の帯には「明るく“回り道”をしよう」とあるが、賛成である。

『自分のアタマで考えよう』ちきりん/ダイヤモンド社
月間100万PVを誇る人気ブロガーが、データを読み解きロジカルに自分の考えを組み立てる方法を公開。「2011年のビジネス書でNo.1だと思います」。

『入社1年目の教科書』岩瀬大輔/ダイヤモンド社
「社会人の礼儀作法」がわかる本。30代でライフネット生命保険の副社長になった著者が仕事の原理原則と具体的方法を伝授。ベテランにも読み応えあり。

『「思考軸」をつくれ』出口治明/英治出版
先の見えない時代には、自分だけの「ものの見方」を鍛えることが重要だ。「思考軸」を磨けば、社会に求められ、一生挑戦しながら働くことができると説く。

『働きながら、社会を変える。』慎泰俊/英治出版
外資系金融機関で働く26歳の著者は、同世代の仲間と「子供の貧困」に取り組む組織を立ち上げた──。ビジネスマンも社会貢献は可能だと教えてくれる。

『元気と勇気が湧いてくる経済の考え方』柳川範之/日本経済新聞出版社
日常生活に経済の考え方を織りまぜ、どんな発想や考え方をすれば明るい見通しが立ち、生き方の選択肢が広がるかを軽妙に解説。「明るい回り道」のススメ。

次の5冊は、経済を知るための手引きだ。『日本人がグローバル資本主義を生き抜くための経済学入門』から『1940年体制』までを読むと、経済だけではなく日本の成り立ちがわかってくる。『昭和史』からの5冊は、人間について理解するための良書だ。

『日本人がグローバル資本主義を生き抜くための経済学入門』藤沢数希/ダイヤモンド社
ユーロ危機から中国のバブル、アメリカ国債問題、日本のデフレ経済まで、すべてのつながりが見える経済入門書。ごく簡単に今の経済を俯瞰するのに最適。

『現代の金融入門[新版]』池尾和人/ちくま新書
情報とは何か、信用はいかにつくり出されるかといった金融の本質に迫るロングセラーを、金融危機の経験をふまえ全面改訂。世界経済と金融の骨格がわかる。

『デフレの正体』藻谷浩介/角川oneテーマ21
「景気さえ良くなればOK」という考えは時代錯誤、日本経済の問題は「2千年に1度の人口の波」にあると主張。「失われた20年」の理由を説明する。

『通貨を読む〈第3版〉』滝田洋一/日経文庫
円高、円安の仕組みをきちんとご存じだろうか? 世界経済を知るために不可欠な「為替」を解説した良書。リーマンショック以降の最新情勢を加えた改訂版。

『昭和史 1926-1945』半藤一利/平凡社
日中戦争から太平洋戦争の時代を検証、「底なしの無責任」は何をもたらしたか? 現憲法が制定された過程など「昭和」を知ると今の日本が見えてくる。

『クアトロ・ラガッツィ』若桑みどり/集英社文庫
戦国時代末期、初めてローマを訪れた「天正少年使節」の4少年(クアトロ・ラガッツィ)の軌跡を追う。日本人の素晴らしさに感動する大佛次郎賞受賞の傑作。

『宇宙は本当にひとつなのか』村山斉/講談社ブルーバックス
突き詰めれば人間は星のかけらのひとつ。目に見えない多くの次元と無数の宇宙が存在している可能性を示し、「宇宙とは何か」を問い直す最新宇宙論入門。

『単純な脳、複雑な「私」』池谷裕二/朝日出版社
人間が人間たる所以は脳にある。私とは何か。心はなぜ生まれるのか──。脳研究者である著者が母校の高校で脳科学の最前線について語った感動の講義録。

『生物学的文明論』本川達雄/新潮新書
生物の形・大きさ・エネルギー・時間の意味と相関関係を考察した論考。人間についても「老いては子育てを手伝え」など生物学的発想で生きる道を提示。

『1940年体制』野口悠紀雄/東洋経済新報社
1990年代以降の世界経済の変化に適応できなかった理由は戦時期に生まれた大企業中心の「日本型経済システム」にあった ! 日本経済がよくわかる1冊。

最後の5冊は「タテヨコ思考」を実践するための本。昔を知り(タテ)、世界を知る(ヨコ)ことで、広い視野を獲得したい。日本にとって影響の大きい中国とアメリカについて知るには『上海』と『アメリカのデモクラシー』。また、東西の古典の代表として『韓非子』と『ニコマコス倫理学』を挙げた。

古典については、岩波文庫のラインアップがお勧めだ。まずは薄くて読みやすそうな本から入り、そこから関心を広げていこう。古典を読むには解説があると理解の助けになる。ここには挙げていないが、その際には岩波書店の『書物誕生』シリーズ(全30巻)をひもとくとよいだろう。

『上海』田島英一/PHP新書
上海が90年代に急成長したのはなぜか。中国社会の異端的存在として発展してきた街と人々の気質を読み解く。日本と関係の深い中国の今の姿を知る一助に。

『アメリカのデモクラシー』アレクシス・トクヴィル/岩波文庫
19世紀のフランスの思想家が、アメリカ民主政治の形成過程と統治機構の分析を通じて、デモクラシーの長所・短所を考察。民主主義を論じた古典的名著。

『想像の共同体』ベネディクト・アンダーソン/NTT出版
「ナショナリズム」は想像の産物。国家はそれを制度化した、いわば「想像の共同体」であると指摘。国民国家とは何かを勉強するうえで欠かせない新古典。

『韓非子』韓非/岩波文庫
わかりやすい説話から教訓を引き出し、権力の扱い方や法による統治の重要性を説いた中国の古典。愚かで賢く、ずるくてかわいい人間の本質を教えてくれる。

『ニコマコス倫理学』アリストテレス/岩波文庫
人生の目的は「幸福」、すなわち「よく生きること」であると規定し倫理学を確立した古代ギリシャの名著。西洋思想らしいロジカルシンキングを体験できる。

最後に、私の本の探し方を紹介しよう。大きな書店へ行って読みたい本を探すのが本選びの王道ではあるが、時間がなくて書店に足を運べないときもある。そんなときは新聞の書評欄を活用する。大学教授など名のある文化人が実名で書くため、自分の恥になるような本を選ぶはずはないからだ。また、取り上げる本も偏りがなく公平だ。実際、ここ4〜5年、新聞の書評欄で紹介されて読んだ本に、はずれはひとつもなかった。

----------

ライフネット生命保険社長 出口治明(でぐち・はるあき)

1948年生まれ。京都大学法学部卒業後、72年に日本生命保険入社。2006年、ネットライフ企画(現ライフネット生命保険)設立。

----------

(ライフネット生命保険社長 出口治明 構成=面澤淳市 撮影=大沢尚芳)