『ハリー・ポッター』マルフォイ系男子の落とし方・7選


ハリーポッターの中で、主人公ポッターのライバルとして描かれるマルフォイ。同級生の手下を連れ、自信家でひねくれもの。嫌なやつとして描かれていますが、実はファンが多い!



あなたの周りにもなぜか憎めない、「マルフォイ」みたいな男の子、いませんか?今回は、そんな魅力あふれるマルフォイ系男子の落とし方をご紹介したいと思います。





■1.知性をほめる



マルフォイ系男子は、とてもプライドが高いのが特徴です。自分に自信があり、とにかくナルシスト。



外見より中身、彼の能力や知性を褒める事が効果的です。人間として優れているところを見つけてあげて、伝えてあげましょう。



■2.ライバルをけなす



マルフォイはハリーポッターをけなす人が大好きです。褒める人は仲間にしません。彼のライバルの欠点や粗を知っておくと良いでしょう。悪口を言うのではなく、指摘してあげるのです。



「ハリーは理想主義者で地に足がついてないけど、あなたは有言実行型ね」といった具合です。



■3.頼りにする



人間は誰しも、人から頼りにされたいもの。マルフォイ系男子は、その気持ちが人一倍強いのが特徴です。



なぜなら頼られるということは、能力が高く信頼されているということだと認識するからです。「あなたにしか頼めないの」「あなたならできると思って」など、頼み方にも工夫をしてみましょう。



■4.甘えさせてあげる



両親に大切にされてきたマルフォイ系男子は、意外と甘えん坊です。マザコンなので、母性を感じさせましょう。



面倒を見てあげる、看病をしてあげる、悩みを聞いてあげる。安心感と安らぎを与えられる女性になれば、マルフォイ系男子はイチコロです。



■5.尻をたたく



母性を感じさせるなかで、彼の尻をたたくことも重要です。アゲマンである必要があります。



出世欲があるので、彼が弱っているときは、励ましていい方向へ導きましょう。「この子といると頑張れる」「前向きになれる」と思わせましょう。



■6.好きだとわからせる



マルフォイ系男子は、自分から告白しようと思いません。振られることほど格好悪いものはないと思っています。



また、ナルシストなので、自分のことを好きになってくれる人を好きになります。分かりやすいように、好き好きアピールをしていきましょう。



■7.告白をしやすくする



お互いの気持ちが確認できたと思ったら、「私のことどう思っているの?」「私たちってどんな関係?」と核心をつくような質問をしてください。



ビビリな彼でも、「ここで決めないと男がすたれる」と告白を決意してくれるでしょう。



■おわりに



いかがでしたでしょうか?マルフォイ系男子は、個性的で付き合うと楽しいはずです。苦労することもあるでしょうが、抜け出せなくなる魅力があります。比較的落としやすいタイプなので周りのマルフォイを探してみてくださいね!



(白武ときお/ハウコレ)