【女性編】名前は聞いたことがあるけれど、何の役に立つかわからない栄養成分ランキング


もっと情報がほしい!





健康や美容のためのサプリはたくさんあります。難しそうな成分名を広告やCMで連呼されると、なんかだか効き目がありそうと思ってしまいがち。けれども、本当はなんだかわからない成分ってありますよね。そんな効用がよくわからない成分について、マイナビニュース会員の女性456名にお聞きしました。





Q.名前は聞いたことがあるけれど、何の役に立つかわからない栄養成分を教えてください(複数回答)

1位 α-リポ酸 20.2%

2位 葉酸 20.0%

3位 グリチルリチン酸ジカリウム 19.5%

4位 ビオチン 19.1%

4位 アルギニン 19.1%

6位 オルニチン 18.9%







■α-リポ酸

・「よくコンビニで『α-リポ酸』が良いと聞くが、いまいち何に良いのかよくわからないから」(23歳/金融・証券/営業職)

・「αってあたりが、もう既になんじゃそれって感じです」(24歳/商社・卸/事務系専門職)

・「CMなどで耳にしますが、どう関与して体に良いのか全然わかっていないので」(27歳/自動車関連/事務系専門職)





■葉酸

・「葉酸は妊婦さんに良いと言うが、何にいいのか知らない」(29歳/商社・卸/事務系専門職)

・「昔、マルチビタミンか何かのCMで見たときに、どんな成分かもさっぱり見当が付かず、首をひねったことがある」(26歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「女性誌によく出てくるけど、いまいちぴんとこない」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)





■グリチルリチン酸ジカリウム

・「CMでよく聞きましたが、何の商品だったかさえ忘れました」(29歳/ソフトウェア/事務系専門職)

・「難しい言葉過ぎて、聞いたことがない。でも、医療職だから、この成分がなにに効果あるのかくらいは知っておかなければいけない気になってくる。結果、知ったかですけれど」(28歳/医療・福祉/専門職)

・「最近、栄養サプリが多すぎてわけわからないです。多分飲み合わせの良しあしがあるだろうに、そのあたりの情報がほぼないのが不安です」(30歳/小売店/販売職・サービス系)





■ビオチン

・「聞いたことはあるのですが、いまいちわかりません。今はサプリメントの種類や商品が多すぎてついていけません」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

・「化学式は好きだけど、栄養成分がわかりませんでした」(34歳/情報・IT/技術職)

・「実験で使っていたものとかはわかるが、テレビでテキトーに効果をうたっている成分はそういえばよく知らない」(25/運輸・倉庫/営業職)





■アルギニン

・「1,000mgって1g?」(26歳/医薬品・化粧品/技術職)

・「なんとなくありそうな感じだけど、本当は知らない」(34歳/不動産/事務系専門職)

・「聞いたことがあるものは『ン』で終わっているなと思う」(41歳/ソフトウェア/技術職)





■オルニチン

・「今、飲んでいる」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/技術職)

・「回復系の意味がわからない。多分回復するのは成分それ自身だと思うのだけれど」(31歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「よく見るけれど、何にいいのか謎……」(33歳/警備・メンテナンス/事務系専門職)





■番外編:意味不明のオンパレード

・ヒアルロン酸「薬局でよく見かけますが、いまいち効能がわからない。でも体には良さそうな気がする」(28歳/金融・証券/事務系専門職)

・ヨウ素「ヨードチンキと似ている気がするが、どんなものなのかまったくわからない」(26歳/小売店/販売職・サービス系)

・「栄養ドリンクに入っているので、元気が出るのだろうけど。わかりません」(27歳/情報・IT/営業職)





総評

1位に選ばれたのは「α-リポ酸」(脂肪蓄積抑制作用のある栄養素)でした。あの「リポビタンD」の「リポ」は、この成分のことだとか。そのため、よく耳にしていたのでしょう。最近、サプリに使われているようですが、かなり前から大正製薬さんは目を付けていたのですね。





2位は「葉酸」。妊婦さんによいそうで、女性誌などで度々見かけると思います。赤ちゃんの発育に必要な栄養素として高く評価されているようですよ。食品から必要量を摂取するのはなかなか難しいから、サプリがはやっているのかも。





3位は「グリチルリチン酸ジカリウム」。難しい名前なので、かえってみなさんの記憶に残っているようです。CMで知った記憶があるという人がいらっしゃいましたが、それは中村雅俊さんが出演していた歯磨き粉のCMですね。





4位には「ビオチン」と「アルギニン」が同率でランクイン。似た名前が多くてチンプンカンプンというコメントが目立ちました。「ビオチン」はアトピーや糖尿病に効用があり、「アルギニン」はアミノ酸のひとつだそうです。5位は「オルニチン」。最近では炭酸飲料にも配合されており、「回復系」という言葉が印象深いという人もいました。





最近ではお菓子やドリンクにも栄養成分が含まれているので、知らずに摂取していることがあるかもしれません。よくわからない成分が入っている健康食品やサプリメントは、購入前に専門家に質問してみるのがよさそうですね。

(文・OFFICE-SANGA 花澤和夫)





調査時期:2013年2月15日〜2013年2月21日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:女性456名

調査方法:インターネットログイン式アンケート