画像は「JOHNNY DIP(ジョニーディップ)」

写真拡大

フードアミューズメントパーク新横浜ラーメン博物館(横浜市港北区)は2013年4月24日、開館20周年企画の一環として、「世界のご当地ラーメン」を誘致・紹介する企画の第1弾として、アメリカ・ハリウッド発のラーメン店「IKEMEN HOLLYWOOD(イケメンハリウッド)」を出店する。

客の前で削りたて鰹節を投入

今回出店するのは、ハリウッドにあるつけ麺(DIP RAMEN)がメインのお店「IKEMEN HOLLYWOOD」で、「UMAMI」成分を持つ「本枯れ鰹節」の正規輸入に成功。特注の削り器を使って、客の前で削りたての鰹節をラーメンに投入するパフォーマンスが特長。

メニューは以下の3つだが、どれもハリウッドという土地柄を活かしたエンターテインメント性が特長のひとつとなっている。

JOHNNY DIP(ジョニーディップ)は、つけダレはとんこつをベースに、バジル、松の実、オリーブオイル、ニンニク、2種のチーズを使用した。価格は850円。

また、GHOST BUSTER DIP(ゴーストバスターディップ)はとんこつベースのスープに生クリーム、トリュフオイル、ソテーしたマッシュルームを加えた。仕上げに客席でマシュマロをバーナーで炙り、甘みと香りをプラスする。価格は900円。

BONITO RAMEN(ボニートラーメン)は鶏ベースのスープに、削りたての「枕崎産鰹節」をふんだんにトッピング。価格は750円。