<ライトヘビー級/5分5R>
ゲガール・ムサシ(オランダ)
Def.3-0:30-27, 30-27, 30-27
イリル・ラティフィ(スウェーデン)

地元ファンのスタンディング・オベーションを受けるラティフィ。ムサシは低く構えて右ローを放つ。ラティフィはローで足を滑らせ、ムサシは左ジャブを伸ばす。プレッシャーを与えるムサシに対し、ショートフックをラティフィが振るう。スイッチを織り交ぜるラティフィが組みつくが、テイクダウンはできず距離を取りなおす。左フックをヒットさせたラティフィに、ムサシが左ジャブを伸ばす。

左ジャブから右ストレートを伸ばしたムサシは、さらに左を見せるがラティフィも右を返す。思い切り右を空振りしたラティフィのテイクダウン狙いを察知し、すぐに反応するムサシはガードを下げて前に出る。左を伸ばすムサシはアッパーを狙う仕種を見せる。ジャブで鼻血を流したラティフィが、もっと来いとアピールし、初回は終了した。

2R、ムサシの左がラティフィの顔面を捉え続けるが、時折り左を被弾するシーンも。ラティフィも右をヒットさせ、距離を取りなおす。ジャブを続け、それ以上踏み込まないムサシはダブルレッグを切るが、バックに回り込むことは失敗する。ジャブを続けるムサシが、右ローをヒットさせる。攻め手の見つからないラティフィは、レンジの外でパンチを振る数が非常に多く、踏み込んでもムサシはバックステップで射程外に下がる。

最終回も変わらず左ジャブを続けるムサシに対し、ラティフィは後ろ回し蹴りを放つがこれも届かない。右ローを蹴り込み、距離を取るラティフィは鼻血で顔の下半分が真っ赤に染まっている。ワンツーを振るうラティフィに歓声が挙がるなか、右がムサシの顔面を掠める。ムサシは慌てず、ジャブを続け試合は残り2分を切る。ラティフィは右ローを蹴ると、ムサシが右を先に延ばす。左ジャブから右につなげることも多くなったムサシだが、一発を警戒してか仕留めにかかる様子はない。

と、残り30秒で蹴り足を掴んだラティフィがテイクダウンに成功する。左右のパウンドを落すラティフィが、担ぎパスを見せたところでタイムアップに。結果、ジャッジ3者とも30−27をつけムサシが判定勝ちで、UFCデビューを飾った。「レスラー相手に近づきたくなかった」というムサシは、淡々とした表情で勝利者インタビューの受け答えをしていた。