<フェザー級/5分3R>
アキラ・コラッサーニ(スウェーデン)
Def.3-0:30-27, 30-27, 29-28
ロビー・ペラルタ(米国)

遠い距離でローを繰り出すコラッサーニが、左右にサークリングを駆使する。コラッサーニは右ストレートをヒットし、左ミドルを打ち込む。ペラルタもショートのワンツーで前に出るが、コラッサーニはエドガー流のファイトで距離を取る。左を振るうところで、ペラルタがアッパーを打ち込み組みついていく。押し返したコラッサーニが距離を詰めてローを打ち込む。続くミドルはキャッチされ倒されそうになったコラッサーニは、右をクリーンヒットする。

ペラルタのワンツーには距離を取り、逆に右を狙っていく。コラッサーニはニータップから組みついてケージにペラルタを押し込む。態勢を入れ替えたペラルタがヒザ、右フックを見せ距離を取ったところで初回が終了した。

2R、ステップワークを駆使し、右を打ち込んだコラッサーニがハイにつなげる。右を振るいダブルレッグで組みついたペラルタだが、テイクダウンは奪えない。コラッサーニの右オーバーハンドがヒットし、ローを蹴り込む。ペラルタの大外のフックを受け動きが落ちたコラッサーニは、続く踏み込みで左フックを受けて腰が崩れる。首相撲からヒザを受け、ケージに押し込まれたコラッサーニは、ペラルタが打撃戦を続けなかったことで救われた。

反対にケージにペラルタを押し込み、シングルレッグでテイクダウンを狙ったコラッサーニ。ペラルタがケージを背にして耐えると、距離を取って右でペラルタの動きを止める。左を打ち込んだコラッサーニ、終盤の挽回がどのようにジャッジの裁定に影響を与えたか。

最終回、ステップワークが陰を潜め、前に出てパンチや蹴りを打ち込むようになったコラッサーニ。ペラルタは右を振るい、さらに左を打ち込むがコラッサーニが組みついてテイクダウンに成功する。キムラアームロックを仕掛けるペラルタは、諦めて立ち上がる。同時にバックに回り込んだコラッサーニは、胸を合わされるとアウトサイドトリップで完璧なテイクダウンを奪う。結果、コラッサーニが母国で勝ち名乗りを受けた。