【アニメ】「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」第1話「奉仕部とは?」(ネタばれ注意)

写真拡大

●こうして彼らのまちがった青春が始まる。

(画像:「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」公式Webサイトより)
© 渡 航、小学館/やはりこの製作委員会はまちがっている。

●キャスト
比企谷 八幡(ひきがや はちまん):江口拓也
雪ノ下 雪乃(ゆきのした ゆきの):早見沙織
由比ヶ浜 結衣(ゆいがはま ゆい):東山奈央
戸塚 彩加(とつか さいか):小松未可子
材木座 義輝(ざいもくざ よしてる):檜山修之
比企谷 小町(ひきがや こまち):悠木碧
平塚 静(ひらつか しずか):柚木涼香
葉山 隼人(はやま はやと):近藤隆
海老名 姫菜(えびな ひな):ささきのぞみ
三浦 優美子(みうら ゆみこ):井上麻里奈
川崎 沙希(かわさき さき):小清水亜美
雪ノ下 陽乃(ゆきのした はるの):中原麻衣

●ストーリー
千葉市立総武高等学校に通う高校2年生の比企谷八幡は幼少時から友達ができず、その結果友達を作ることを諦め「ぼっち」を極めようとしていたが、生活指導担当の教師、平塚静に目をつけられ、学校一の美少女、雪ノ下雪乃が所属する「奉仕部」に入部させられた。奉仕部は生徒の問題を解決する手助けをする部であり、表立ってはその活動が明らかにされておらず、静による紹介によって生徒が送り込まれて来る。

奉仕部に入部した八幡は、彼とは正反対のカーストに属する由比ヶ浜結衣、中二病全開の材木座義輝、テニス部員で可愛い女子にしか見えない戸塚彩加たちと行動を共にするようになる。
●奉仕部に入部!
かなりひねくれた友達が少ない高校2年生、比企谷 八幡は高校生活についての作文で少々ひねくれた内容だったため、国語教師の平塚 静からお叱りを受ける羽目に。

平塚 静「君には舐め腐った作文の罰としてここへの入部を命ずる!」

連れてこられたのは「奉仕部」。そこには椅子に座って本を読む黒髪の美少女がいました。彼女の名前は雪ノ下 雪乃。

雪ノ下 雪乃「ようこそ、奉仕部へ!歓迎するわ。」
●御奉仕勝負!
雪ノ下 雪乃「君、最後に女の子と会話をしたのはいつ?」

※2年前のようです。

雪ノ下 雪乃「私のような女の子と話が出来れば大抵の人間との会話が出来ると思うわ。」

※確かにその通りだと思われます。かなり不満がある比企谷 八幡に対して、

平塚 静「この2人で御奉仕勝負よ!」

※そもそもどんな勝負なんでしょうか?
●由比ヶ浜 結衣がやってきた!
翌日、奉仕部へやってきた比企谷 八幡。

雪ノ下 雪乃「こんにちは。もう来ないかと思った。それともマゾヒスト?それともストーカー?」

彼女はその美貌ゆえに女子から妬まれてしまい友達と呼べる存在はいなかったようです。それ故彼女は孤独なのです。

そこにやってきたウェーブのかかった茶髪の少女、由比ヶ浜 結衣。

比企谷 八幡「このビ○チが!」
由比ヶ浜 結衣「ビ○チって何だし!私はまだ処…!」

雪ノ下 雪乃「別に恥ずかしいことではないでしょ。その年でバージ…。」
由比ヶ浜 結衣「高2でまだとか恥ずかしいよ、雪ノ下さん女子力足りないんじゃないの?」


極めて挙動不審な由比ヶ浜 結衣ですが、慌てぶりがなかなか可愛いですね!
●クッキー作り!
由比ヶ浜 結衣の願いは意中の相手に手作りクッキーを贈る事。そのため彼女は奉仕部へクッキーの調理方法の伝授を求めたのですが…。

出来たクッキーは木炭同然の存在。しかも一向に上達しないようです。そこで、

比企谷 八幡「俺が本当のクッキーを作ってやる!10分後に来い!」

そこで10分後にやってきたところ、用意されていたのは由比ヶ浜 結衣の作ったクッキー。彼の言いたい事は、

比企谷 八幡「好きな相手になら、何を贈っても喜ばれる!」

これで一応の解決を見たのですが…。

数日後、クッキー作りの楽しさに目覚めた由比ヶ浜 結衣の笑顔がありました。それがあれば充分ですね!

「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「ビビッドレッド・オペレーション」第11話「強行突破!」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」TVアニメ公式Webサイト