タビオがアートソックスレーベル始動 第1弾デザイナーは浅野忠信

写真拡大

 タビオが、ジャンルの垣根を越えて様々なアーティストが靴下をデザインするアートソックスレーベル「TabioARTS」を立ち上げた。靴下やファッションが好きなアーティストをデザイナーに迎える「TabioARTS」は、靴下をキャンバスに各アーティストがグラフィックや写真、イラストなどを自由にデザイン。第1弾は俳優の浅野忠信がデザイナーを務め、4月5日から「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」で先行予約が開始されている。

タビオがアートソックスレーベル始動の画像を拡大

 「TabioARTS」の第1弾となる浅野忠信デザインの靴下は、「PUNK」というロゴをブラックとグリーンでそれぞれ散りばめた2型。浅野忠信は「PUNKは足元から!という事で街中をPUNK一色にぬりかえる為にデザインしました」とコメントを発表しており、4月下旬にタビオの公式オンラインストアで発売する。各50足限定で、価格は2,940円(税込)。

 1968年に創業して以来、「靴下を履いていることを忘れてしまうようなフィット感」を追求しているタビオは、日本の職人たちが一つひとつ丁寧に編み立てるメイドインジャパンの靴下を販売している。現在では「靴下屋」をはじめ、「タビオ オム」や「ショセット」といった靴下専門店ブランドを全国に282店舗(2013年3月末現在)展開し、「Tabio」名の店舗をパリとロンドンに出店している。

■Tabio ARTS
 http://www.tabioarts.com/