最高速は250 km/h

写真拡大

アウディ ジャパンは2013年4月10日、「アウディA4」シリーズのトップモデルとして、新型「RS4アバント」を発売する。車両本体価格は、1195万円。

最高出力は「450馬力」

3世代目となる「RS4アバント」には、最高出力450馬力、最大トルク430ニュートンメートルを発揮する4.2リッターV8 FSIエンジンを搭載。トランスミッションには7速Sトロニックを組み合わせた。動力性能は0-100キロ毎時加速が4.7秒、最高速は250キロ毎時。燃費は、8.1キロ毎リットル(JC08モード)を実現した。

サスペンションはRS4専用スポーツサスペンションを取り入れ、車高はA4アバントに比べて20ミリ低くした。また、20インチの5Vスポークデザインのアルミホイールを装着する。

エクステリアでは、つや消しアルミニウム仕上げのフレームに囲まれたハニカムメッシュのシングルフレームグリルや、全幅1850ミリのワイドフェンダーなどを専用装備。インテリアはブラック基調でまとめられ、ファインナッパレザーのSスポーツシートが標準装着する。シートカラーはブラックとルナシルバーの2種類を用意した。