取り引きで交渉するときのポイント、間違えていませんか?【社会人のマナー】

写真拡大

いざ仕事をするとなると、避けて通れないのが相手との取り引き。

データのやり取りや商品の納品など、業種によって形態こそ様々ではありますが、共通していることは契約金額を決めること。

その交渉をするのは営業職だけではありません。

誰もが通るこの交渉。

あなたは、正しいポイントを知っていますか?Q.取り引きで交渉するときのポイント、正しいのはどれ?A.最初に落としどころの金額提示をして、強気に押しまくるB.とにかく低姿勢でのぞみ、ひたすらお願いするC.先方にとってのメリットを強調し、金額は高めから交渉する(答えは矢印の下です!)↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓解答C.先方にとってのメリットを強調し、金額は高めから交渉する解説取り引きで金額を決める際、これは一種の駆け引きでもあるのです。

そのときから落としどころの金額提示はぜったいNG。

あくまでも商売ですので、相手にお願いするのもナシです。

むしろ、いかにその商品やサービスが相手にとってメリットのあるものなのかを強調し、やや高めの金額から交渉するのがいいでしょう。