江崎グリコ、糖質50%オフにカロリーコントロールアイス3種をリニューアル

写真拡大

江崎グリコは4月8日に、カロリーを気にする人向けのアイス「カロリーコントロールアイス」シリーズのカップタイプ3品<バニラ><ラムレーズン><バニラ&チョコクランチ>をリニューアル発売する。

「カロリーコントロールアイス」は、”カロリーが気になるけどおいしいアイスを楽しみたい”というニーズに応える商品。

砂糖は一切使わず、低カロリー甘味料を使用してカロリーを抑え、豆腐や食物繊維を配合することでコクやなめらかさを実現した。

食物繊維は1個当たり6g以上含んでいる。

今回リニューアルする3品は、従来商品と同じ1個80kcal。

ミルクの風味とコクを出す独自の脂肪酸調合技術と甘味料の配合改良により、アイス本来のおいしさはそのままに、糖質を50%低減(※)した。

<バニラ&チョコクランチ>は、砂糖不使用のチョコクッキー入り。

<バニラ>には、本格的なバニラの味わいが楽しめるマダガスカル産バニラビーンズ入り。

<ラムレーズン>は、オールドジャマイカラムの芳醇(ほうじゅん)な風味が楽しめる。

いずれも110ml入りで、価格はオープン。

※日本食品標準成分表2010のラクトアイス(普通脂肪)と比較