埼玉県春日部市の新名物、「クレヨンしんちゃん絵はがき」が登場!

写真拡大

埼玉県春日部市は4月5日から、春日部でしか入手できない新たなしんちゃんグッズとして、「クレヨンしんちゃん絵はがきセット」を販売した。

同市では平成22年7月から1万枚限定で、「クレヨンしんちゃん一家の特別住民票」を販売したところ好評となり、平成24年6月に完売した。

その後、多くの市民や春日部を訪れた人々から、「しんちゃんのお土産品が欲しい」との声が多数寄せられたことから、住民票に代わる新たなしんちゃんグッズの開発を行ってきたという。

同セットは、春日部の風景とクレヨンしんちゃんがやさしいタッチで描かれた絵はがき。

春日部の国内最大級の長さの藤棚や日本一の大凧、世界最大級の首都圏外郭放水路、子育て日本一の象徴のエンゼル・ドーム前の花畑、産直の里・内牧の梨が描かれている。

セット内容は、絵はがき5種類×各2枚(計10枚)と特製ミニクリアファイル(A5サイズ、ダブルポケットタイプ)、特別領収書兼しおり入り。

1万セットの販売で、価格は1セット200円。

同商品は4月5日のみ春日部市役所1階エントランスホール内専用ブースで、8時30分から17時15分まで販売。

4月6日以降は、春日部情報発信館「ぷらっとかすかべ(9時〜16時30分・月曜休館)」、道の駅「庄和(8時〜19時)」、市役所3階シティセールス広報課(8時30分〜175時15分・土曜日・日曜日・祝日閉庁)で販売する。

また、上記販売先のほか、郵便による販売も予定している。

なお、この絵はがきセットの売上金は、市の子育て支援の充実のために活用するとのこと。

詳細は4月初旬に春日部市役所ホームページで案内予定。