電子レンジでもっちりインスタントラーメンが食べられる魔法の容器

写真拡大

行き慣れたファーストフード店、すっかり顔なじみなってしまった弁当屋。一人暮らしの人にとって食事は簡単に済ますもの。ストックもできて手軽に作れるインスタントラーメンはもはや相棒とも呼べる必需品だが、それすらも面倒だと思うそこのあなたに朗報だ。インスタントラーメンがレンジで作れるようになったのだ!

火を使わずキッチンに立つ必要もない。そんな手軽さを与えてくれるのが「麺味膳」。電子レンジ専用のシリコンスチーマーの一種で、インスタント麺にこそふさわしい新たなラーメングッズとして話題になっている。

作り方は、インスタント麺とスープの素と水を麺味膳に入れたら、電子レンジのスイッチを押すだけ。鍋も使わず容器もそのまま使えるので、洗い物も減らしてくれる。しかも、「ガスコンロはなくてもレンジならある」というオフィス環境でもインスタントラーメンが食べられるとあり、カップ麺に食べ飽きた人にもピッタリだ。

しかも、ガスで作るときとは違った麺のコシも特徴的。レンジのマイクロ波は麺内部から加熱をするため、麺一本一本が内部から均一に茹でられる。麺の外側から茹であがっていくガスよりも、伸びることもなくモチモチ食感が増加するという。

加熱時間は約6分とカップラーメンより多少長めだが、湯を沸かしに行って、沸いたら注いでという地味な手間も必要ない。麺味膳の容器を持ち歩けば、コンビニで袋麺と水を買い、その場で電子レンジで作ってもらうことだってできるだろう。

ただし、無理を言ってお店に怒られても責任はとれないのであしからず!

※麺味膳