ドラマが劇場公開

写真拡大

東京・渋谷のユーロスペースは2013年4月6日から19日まで、ドラマ「まほろ駅前番外地」全12話(テレビ東京系)を4パートに分けて上映する。原作は、三浦しをんさんの「まほろ駅前多田便利軒」。

「多田便利軒ふろしき」のプレゼントも

三浦さんの直木賞受賞作品の「まほろ駅前多田便利軒」は、わけあり2人組の便利屋稼業を通じて、生きることの可笑しみと喜びを描くもので、2011年には瑛太さんと松田龍平さんの主演で映画化された。

また、2013年1月から、続編「まほろ駅前番外地」を連続テレビドラマとしてオンエアを始めた。今回はこの作品の上映を渋谷のユーロスペースで、連日連夜イベントつきで21時からスタートする。

4月6日、8日、10日、12日は1話から3話が、4月7日、9日、11日は4話から6話が上映される。上演前に、多田啓介役瑛太さんや原作者三浦さんらがゲストとしてトークイベントを行う。

なお、4月9日のみトークイベントは上映後に行われる。

4月12日限定のイベントで、先着100名に「多田便利軒ふろしき」がプレゼントされる予定。

その後も4月13日から19日までは、7話から9話、10話から12話と1日交替で上映される。ゲストは後日発表になるという。

料金は1000円で、朝10時から劇場窓口で販売される。

ゲストなどの最新情報は、ホームページにて確認できる。