物件案内のウラ話! 案内する物件の優先順位は? 隠し物件は?



不動産業者が物件を案内する際、お客さんの要望が細かに決まっているのなら目当ての物件に案内しますよね。では、要望通りの物件がいくつもある場合、業者はどんな優先順位で案内をするのでしょうか?

不動産業者に、物件を案内する際の優先順位について聞いてみました。





■商売人としてはやはり……



――お客さんが希望する条件と一致する物件がいくつもある場合、最初に案内する物件はどのような優先順位で選ばれるのでしょうか?



そこはやはり商売なので、利益が優先になりますね。同じ条件の物件同士なら業者側に入ってくる手数料が多い物件などを先に売ろうとします。賃貸なんかでも手数料が大きい物件優先です。



――商売ですもんね(笑)。



利益が少ない物件よりも多い物件が売れたり取引できた方がいいですからね。次に優先するのは「やりやすさ」ですかね。例えば、オーナーさんと懇意の仲だったり、ムチャな注文をする人でない場合は、仲介などもしやすいですよね。そういった意味では、入居条件が緩いオーナーさんも優先順位は高くなります。条件が緩い=入居が決まりやすい、ですから。



――手間がかからない物件から売るってことですね。



そうです。「なんらかのトラブルが発生した場合」は間に立たないといけませんから、できる限り話の分かるオーナーさんの方がいいですね。



――なるほど。同じ条件の物件がいくつもある場合は、こうした優先順位での紹介になるのですね。



利益優先というのは商売ですからどこも同じです。こういった「業者の優先順位で案内されるのはちょっと……」という人は、しっかりと細かな条件を伝えるといいですよ。



■隠してある物件はあるの!?



――先ほどの優先順位と少し話は変わるのですが、所有しているけど意図的に公開していない「隠し物件」のようなものってあるのでしょうか?



所有していても公開していない物件というのはあります。



――それはなぜ公開していないのでしょうか?



まずは「公開しても売れる見込みがない」からです。敷地が狭かったり、日当たりが悪かったりと、引きとなる要素が少なく、売れそうにない物件は出していても意味ないですからね。そういった物件は、所有しても表に出さず、不動産バイヤーの取引に出されます。

――確かに売れないものを出していても仕方ないですね。ほかにはどんな理由があるのでしょうか?



オーナーさんが物件を売りに出していることを「周囲に知られたくない」という理由で、情報が表に出ていないものもあります。



――周囲に知られると面倒なことになるからでしょうか?



理由はさまざまでしょうけど、秘密にしたいのでしょうね。



――そういった物件は水面下でひっそりと取引されていくのですか?



そうです。一般の人には分からないところで、不動産の買取業者同士での取引がされます。基本的には、こうした理由で表に出ていないことが多いですね、



案内の優先順はやはり利益が一番大きいようでした。商売ですから、これは納得でしょう。また、隠し物件というのも実際にあるようです。プロだけが知っている裏取引物件……まぁ私たち一般人が買うことはなさそうですね。



(貫井康徳@dcp)