2位タイと好位置で決勝ラウンドを迎える馬場(撮影:ALBA)

写真拡大

<ヤマハレディースオープン葛城 2日目◇5日◇葛城ゴルフ倶楽部山名C(6,549ヤード・パー72)>
 静岡県にある葛城ゴルフ倶楽部山名コースで開催中の「ヤマハレディースオープン葛城」の2日目。初日4アンダー5位タイにつけた馬場ゆかりは、2日目も3バーディ・1ボギーと安定したゴルフでスコアを2つ伸ばしトータル6アンダーの2位タイに浮上した。
女子プロ写真館に堀奈津佳らの写真を追加!
 「今日はもう1つ2つバーディが取りたかったです」と1日を振り返った馬場。上がりの9番ホールで7メートルのパットを決めるなど良いパットがある一方で、2番では1メートル、5番ホールでも3メートルのバーディチャンスをものにできなかったことが悔やまれる1日だった。
 しかし「ショットは大分よくなった」と復調の兆し。今季からクラブ契約を一新した馬場は、新しいアイアンが1クラブ以上飛びすぎて距離感が合わなくなっていたという。「2戦目にクラブを調整してもらって、今週さらに微調整してもらったんです。そうしたらアイアンのタテの距離感が合うようになりました」と馬場のイメージする理想のアイアンにかなり近いものに仕上がり、気持ちよくショットできているようだ。
 またオフの間に取り組んだトレーニングも奏功。「今年は4日間競技が増えるので、技術以上に体力が重要になると思いました」とジョギングなど体力をアップさせるトレーニングを増やすことで、今季はラウンド後のイヤな疲労感がなくなったとのこと。さらに、「去年の夏過ぎに腰や手首に負担がかかった状態になっていたんですが、トレーニングをしたおかげでそれも改善されました」とトレーニングの成果がかなり結果として現れているようだ。
 「今年は4日間競技やメジャーで勝ちたい」と話した馬場。昨年賞金ランク21位と思うような成績を残せなかったことで今年はしっかりと結果を出したい気持ちが強い。まずは今年最初の4日間競技「ヤマハレディースオープン葛城」を戦い抜き、2011年「日本女子オープン」以来の優勝を目指していく。
【2日目の順位】
1位:O・サタヤ(-7)
2位T:パン・イェンホン(-6)
2位T:馬場ゆかり(-6)
2位T:大山志保(-6)
2位T:イ・ボミ(-6)
2位T:キム・ヒョージュ(-6)
2位T:リ・エスド(-6)
8位T:森田理香子(-4)
8位T:笠りつ子(-4)他4名
14位T:横峯さくら(-3)他2名
17位T:堀奈津佳(-2)他6名
<ゴルフ情報ALBA.Net>