『戦国BASARA』伊達政宗、大阪府警察の車上ねらい防止イメージキャラクターに起用

写真拡大

大阪府警察の車上ねらい防止イメージキャラクターとして、株式会社カプコンの人気ゲーム『戦国BASARA』に登場する武将「伊達政宗」が起用されることが決定した。

【関連:PS3『戦国BASARA4』2014年初頭に発売決定】
 
啓発ポスター起用に至った経緯は、大阪府内で依然多い「自転車窃盗」や「車上狙い」等の被害防止に向けた効果的な広報啓発を行うにあたり、ゲームキャラクターとして知名度の高い「伊達政宗」に白羽の矢が立ったとのこと。
『戦国BASARA』には、大阪に縁のある「豊臣秀吉」も登場するが、今回仙台の「伊達政宗」が起用されたのはやはり“知名度の差”といったところだろうか?
なお、ゲームキャラクターが起用されるのはこれが初とのこと。

今後は大阪府内において、「伊達政宗」が描かれた、啓発ポスターの掲示に加え、公共施設や自動車部品の販売店にも広告を配布し、大阪府民に注意を幅広くアピールしていく。