東京都・渋谷ヒカリエに、ムンク生誕150周年記念「カフェ ムンク」登場

写真拡大

スカンジナビア政府観光局は、ノルウェー人画家・エドワルド・ムンク生誕150周年を記念したプロジェクトを立ち上げた。

その一環として、渋谷ヒカリエに「Cafe MUNCH(カフェ ムンク)」を4月限定でオープンする。

エドワルド・ムンクは、名画「叫び」で世界的に著名なノルウェー人画家。

カフェ ムンクでは、ムンクが19世紀後半にオスロのカフェで食べたメニューを現代風にアレンジした料理を提供する。

新鮮なノルウェーサーモンを使用したレシピやミートボールのリンゴンベリーソース添えなど、日本にいながらノルウェーの味覚が楽しめる。

また、「叫び」4作品を含むレプリカ画37点も展示。

更にカフェ ムンク限定グッズとして、福島県会津の民芸品 起き上がり小法師(こぼし)と、ムンクの「叫び」がコラボした「起き上がりムンク」も販売する。

ノルウェー国旗のレッド、ブルーを始め、グリーンとブラックの4色で、2サイズ展開予定。

高さ3.5cmが525円、高さ6.8cmが1,050円。

カフェ ムンクは4月10日〜23日まで、渋谷ヒカリエ7F 「TABLE7」 FLOWERS Commonにオープン。

営業時間は月〜木・日は11時〜23時(オープンの4月10日は14時から通常営業)。

金、土、祝前日は11時〜28時。

また、4月19日の21時からは、大人のためのオールナイトイベントも開催する。

酒をこよなく愛し、酒におぼれ現実と幻想の間を行き来していたムンクにちなみ、アートと音楽とお酒を心ゆくまで楽しめる1日限定のイベントとなる。

店内にはオーロラと街の明かりを再現。

世界最北のビール工場から直送された、北極圏の水から作った日本初上陸「マック・ビール」や、生命の水「アクアビット」を使用したオリジナルカクテル、ノルウェーコーヒーが楽しめる。

また、気鋭のノルウェー人アーティスト、カトー・カナリも出演。

ノルウェジアンサウンドを堪能できる。