美人英語講師が教えるリスニング強化術とは?

写真拡大

英語を聞き取れる耳は、3歳までに作られると言われています。

これを大人になってから身につけるためには、どのようなトレーニングが必要なのでしょうか。

元国際線のキャビンアテンダントで、「短期間で必ず成果を出す講師」として知られる、オフィス・グレース代表の荒井弥栄さんに英会話上達法を教えていただきました。

――外国人の話す英語は速くて聞き取れません。

どうすれば聞き取れるようになりますか?荒井さん「ネイティブの方は『I'll』のように主語と助動詞をくっつけて話すので、日本人には聞き取りにくいようです。

それは、日本人が『I will』と、主語と助動詞を離してしまうから。

人間は自分が話せないことは聞き取れませんので、ネイティブの方がどのように会話しているのかを知っておく必要があります。

そのためには、ネイティブの方の発音を毎日聞くことが重要です。

まずは英語のニュースや洋画でもかまわないので、正しい発音にふれる機会を設けましょう」――短期間でリスニング力を強化する方法はありますか?荒井さん「目・耳・口、この3つを同時に活用することが近道といえますね。

まずは講師のお手本をよく聞くこと。

このときに、講師の口の動きにも注目してください。

どのくらい口をあけて話しているのか、コピーするつもりでチェックしましょう。

そしてそのフレーズの書かれた文章を見ながら発音してみる。

そうすれば自分で話したことを聞き取ることができますので、より習熟スピードをアップすることができます」――英語のリスニングは週に何回くらいのペースでやればいいものなのでしょうか?荒井さん「とにかく毎日生の英語にふれることが重要です。

とくに英語学習をはじめたばかりのときには英語の発音が定着していないので、短時間、5分でもよいので一日たりともかかさないようにしたほうがいいでしょう」――仕事が忙しかったりすると、毎日続けるのは難しいですよね。

荒井さん「通勤時にリスニング用のCDを聞いたり、家事をしながら英語のラジオをかけておいたりするなど、忙しいときでも継続できる方法はたくさんあります。

あえて時間を作ろうとせず、何かをしながら英語を聞くことを習慣づければ、無理なく続けられるのではないでしょうか」――なるほど。

ちなみに、英語の上達が早い人とは、どのような特徴があるのですか?荒井さん「ものまねが上手な方は、すぐに英語を話せるようになる方が多いですね。

また、雑誌などではやりを取り入れるのが上手な女性も、講師の特徴をとらえることができるので吸収力は高いです。

最初は気に入った映画やドラマのセリフなどを聞きながらまねしてみるといいでしょう」――英語を聞き取れても、それに対してどう答えればいいのか時間がかかってしまいます。

どうすればすぐにフレーズが出てくるようになりますか?荒井さん「脳の中には、日本語を理解する部分と英語を理解する部分があり、パイプでつながっているような感じです。

バイリンガルの方はこのパイプがない状態なので、瞬時に英語を発することができるのです。

しかし英語を話せない方ほど、このパイプが長い。

これをいかに縮めるかが重要なので、繰り返しトレーニングすることをオススメします。

また、文法を理解することもかかせません。

文章を組み立てる能力は、会話にも求められるものなのです。

英語に慣れてきたら、日本語のフレーズを聞いて、それを瞬時に英語のフレーズとして発する。

そしてそのフレーズを書くというトレーニングをすれば、より確実に定着させることができます」――日本語力も重要とは知りませんでした。

荒井さん「日本語で自分の考えていることをきちんと伝える能力がなければ、それを英語にすることはできませんからね。