外国人が来たがる日本の観光地とは




ふた昔前まで、外国人が日本で訪問したい場所といえば、銀座、皇居、京都などでした。しかし、今ではすっかり変わっています。外国人に人気のある日本の観光地について調べました。



■世界最高の雪質!? ニセコの人気!



もともとオーストラリア人が、自分たちが夏のときに、どこか外国でスキーのできるところはないものか、と探して発見したのが始まりだとか。北海道のスキー場として有名な「ニセコ」の話でございます。



来てみると「OH! 素晴らしい雪質じゃないか!」と大喜び。それが口コミで徐々に広がり「ニセコ、グレート!」が今ではすっかり定着しているとか。ただ、オーストラリア資本の開発が進み、地元への恩恵が少ないとか。日本が評価されるのはうれしいですが、ちょっと寂しい話でもあります。



■世界をリードするファッション都市



渋谷のギャルズファッションは世界に通用しています。世界中のファッション関係者から注目されていますし、「また渋谷に行きたい!」という女性は多いのです。これは業界の人から伺ったのですが、「ウラハラ」(裏原宿)という言葉もそのまま通じるとか。



また外国人の「渋谷のスクランブル交差点好き」は異常とも思えるほどで、なぜか交差点の写真を撮りたがる人が多いですよね。



■秋葉原はもはや世界の聖地!



ここで挙げるのも恥ずかしいぐらいですが、秋葉原は世界の聖地といっていいでしょう。アニメ、漫画、同人誌、フィギュアなどのアイテムが集結した、世界中のオタクな皆さんの憧れの地です。



■ロッポンギは人気なく、田舎が人気上昇傾向



「六本木」は意外と人気がないそうです。「危ない」という意見のほか、「外国人が多くほかに特に見るものがない」という意見も聞かれます。



最近では「東京だけ見て日本を見たと思うな」という通な外国人も増えているようで、「日本の田舎に行ってみるべきだ」などの意見が外国の掲示板で散見されるようになっています。例えば、世界遺産にもなっている「白川郷・五箇山の合掌造り集落」などは外国人の心を揺さぶるようです。



■京都は根強い人気です!



日本人でも「そうだ京都、行こう。」のCMには心をくすぐられますよね。京都には伝統と日本の美が結晶化しています。それが外国人をも魅了するのでしょう。京都は今でも外国人が訪問したいと思う日本の代表的な観光地です。もっとも、あのCMで見られるような「人けの全くない京都」にはほとんどお目にかかれませんが……(笑)。



■温泉は人気ですよ!



『テルマエ・ロマエ』というお風呂漫画が大ヒットしましたが、日本の温泉文化は海外でも徐々に人気を拡大しています。「日本に行ったら温泉に入るべき!」という意見がある一方で、水着を着けないことに抵抗を感じる人も少なくないようです。



しかし、湯布院や草津などに行き、日本の温泉文化に深く触れた人は「素晴らしかった」と思ってくれるようです。また海外で、日本式温泉旅館がオープンするなどということも起こっています。



例えば、台湾に日本の老舗旅館として名高い『加賀屋』がオープンしています。またニュージーランドには『マルイア温泉』という日本式の湯治が楽しめる温泉があります。



日本の湯治場の人気が本格的に上昇するのはこれからかもしれません。



■外国人に人気のホテルとは!?



世界中の旅行者が頼りにする『tripadvisor』によれば、例えば京都のベストホテルは以下のようになっています(データは3月18日調べ)。



■外国人に人気の京都のホテル

●第1位 Hotel Mume(Mume)

●第2位 Almont Hotel Kyoto(アルモントホテル京都)

●第3位 Citadines Karasuma-Gojo Kyoto(シタディーン京都 烏丸五条)

●第4位 Hotel Granvia Kyoto(ホテルグランヴィア京都)

●第5位 Hotel Nikko Princess Kyoto(ホテル日航プリンセス京都)



ランキング1位の『Mume』はその素晴らしい部屋、ロケーション、また比類なきサービスが圧倒的に支持されており、213人のレビュアーのうち、なんと195人が「Excellent!」と評価しています。日本人でも一度泊まってみたい宿です。



ちなみに東京の「BEST Value」の人気ホテルは以下のようになっています。簡単にいうと「コスパがいいホテル」ですね。



■外国人に人気の東京のホテル

●第1位 Hotel Neo Tokyo,Arakawa(ホテルNEO東京)

●第2位 Ours Inn Hankyu,Shinagawa(アワーズイン阪急)

●第3位 Business Villa Omori,Ota(ビジネスヴィラ大森)

●第4位 Hotel Sunpatio,Edogawa(ホテル サンパティオ)

●第5位 Hotel Mystays Kamata,Ota(ホテルマイステイズ蒲田)



東京でランキング1位の『ホテルNEO東京』はとにかく安価に泊まれる宿として有名です。食事なしの素泊まりであれば1人1泊3,500円で宿泊可能です。日本は物価が高い国として有名ですから、宿泊費を少しでも抑えたいという希望の旅行者にとってはベストチョイスな宿なのでしょう。



日本の文化が、漫画、アニメなどを経由して世界中に親しまれるようになっています。海外の人が訪問したい日本の観光地も、それにつれて変化していくのでしょう。







(高橋モータース@dcp)



⇒台湾の『加賀屋』

http://www.kagaya.com.tw/



⇒ニュージーランドの『マルイア温泉』

http://maruiasprings.co.nz/index.php



⇒京都のホテル『mume』のページ

http://www.hotelmume.jp/main.html



⇒『アルモントホテル京都』

http://www.almont.jp/kyoto/index.php



⇒『シタディーン京都 烏丸五条』

http://www.citadines.jp/kyoto/



⇒『ホテルグランヴィア京都』

http://www.granvia-kyoto.co.jp/index.html



⇒『ホテル日航プリンセス京都』

http://www.princess-kyoto.co.jp/



⇒『ホテルNEO東京』

http://www.hotel-neo.com/index.html



⇒『アワーズイン阪急』

http://www.oursinn-hankyu.co.jp/



⇒『ビジネスヴィラ大森』

http://www.villa-omori.co.jp/



⇒『ホテル サンパティオ』

http://www.sunpatio.com/



⇒『ホテルマイステイズ蒲田』

http://www.mystays.jp/location/msi_kamata/