東京都・代官山蔦屋書店で、深夜に村上春樹の長編小説発売記念イベント開催

写真拡大

文藝春秋は、村上春樹氏の長編書き下ろし小説「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」(1,785円)を、4月12日に全国(沖縄、離島をのぞく)で一斉発売する。

また、11日深夜から12日午前0時の発売に向けて、発売カウントダウンイベントを行う。

同イベントでは、「世界で一番早く読めるカウントダウンイベント&深夜の読書会with福田和也」と題し、発売1分前からカウントダウンを実施。

11日の23時からは、文芸評論家の福田和也氏をゲストに迎えて、村上春樹ファンとともに、これまでの作品と「新作の内容」を自由に語り合う「深夜の読書会」を開催する。

事前に、蔦屋代官山店又はFacebook上での申し込みと、イベント当日、蔦屋代官山書店で同書を購入することが必要。

詳細は、同企画公式Facebookページを参照のこと。