JPモルガン・アセット・マネジメントは2日、投資家への情報提供サービスの強化、向上を目指し、同社ウェブサイトの投資情報コラム「投資耳(ミミ)」を拡充したコーナー「投資のミカタ」を新たに開設した。

「投資のミカタ」は、投資環境やマクロ経済に関する旬のテーマを解説するコラム「投資耳(ミミ)」を、さらに見やすく使いやすい形式・構成に改良し、より広範なテーマを様々な切り口から読み解くコーナーへとバージョンアップした情報サイト。

これまで以上に実践的な投資判断材料を豊富にそろえ、投資家や投資信託の販売員にとって、さらに便利で広く活用されるコラムとなることを目指すとしている。

「投資のミカタ」では、「プロの”見方”を、あなたの”味方”に」をキャッチフレーズに、各分野の専門家である複数の同社社員が執筆を担当し、投資判断のヒントとなる経済や市場の見方、考え方を、1話完結のコラム形式で展開執筆陣の拡充これまで展開してきた「投資耳(ミミ)」は、投資戦略ソリューション室長の鈴木英典とエコノミストの榊原可人がレギュラーコラムニストを務め、好評を博してきたが、新コーナーとなる「投資のミカタ」では、こうした人気コラムは継続しつつ、新たなメンバーをレギュラーコラムニストに加えて執筆陣の充実を図るテーマ、切り口の拡充コラムニストによる解説に加え、グローバルに展開する当社グループのリソースを最大限活かし、外資系資産運用会社ならではの情報を様々な切り口で発信発行頻度発行頻度を週1回程度に引き上げ、様々な情報を常に発信し続けることを目指す分かりやすい要点整理コラム冒頭に「ミカタのポイント」として今回のテーマを、末尾に「投資のヒント」として結論・要点を、一目で理解できるように整理し、分かりやすさの向上を図るJPモルガン・アセット・マネジメントでは、個人の投資に関する理解を深めるための投資啓発活動を推進するなど、投資家支援を真剣に取り組むべき課題として位置づけている。

同コーナーの拡充を通じて、資産運用を考える際に役立つ情報提供の一層の充実を図り、投資信託販売員や投資家の皆様の投資判断に貢献できるよう尽力していくとしている。