20代の専業主婦、最近1年以内に定期健診を受けた人は11%のみ

写真拡大

ライフメディアが運営する自主アンケート・調査結果のレポートサイト、リサーチバンクは3日、専業主婦の定期健康診断に関する調査の結果を公表した。

同調査は、3月21日から27日にかけ、20歳から59歳の専業主婦の女性を対象に実施し、1,000件の有効回答を得た。

最近1年間の定期健康診断について尋ねたところ、「受けた」は33%程度だった。

年代が上がるにつれ受けた人は増えており、50代は半数以上の53.2%が受けているようだが、20代は11.6%しか受けていない結果となった。

最近1年以内に定期健康診断を受けている人に、どこで実施している健診を受けたか尋ねたところ、「配偶者の勤務先」が51.4%と最も多かった。

「その他」は退職前の勤務先と回答している人が多かった。

最近1年以内に定期健康診断を受けている人に、今後も1年に1回程度の定期健康診断を受けたいか尋ねたところ、91.6%が「受けたい」と回答した。

自身のメタボリックシンドロームについて尋ねたところ、半数以上の55.5%が「不安はない」と答えた。

同調査では、この他に「定期健康診断を受診しない理由」「どのような定期健康診断であれば受診するか」や、定期健康診断とメタボリックシンドロームに関する意見を聞いている。

詳しくは同サイトで閲覧できる。