(社)日本インテリアデザイナー協会(JID)は、「JID賞ビエンナーレ2014」の公募を開始した。応募期間は、2013年4月1日~6月28日。募集要項の検索や作品応募のエントリーは、専用ウェブサイトから。
JID賞は、1969年に「協会賞」発足から、1992年まで毎年、日本のインテリデザインの質と認知度を高めることを願って、優れたデザイン作品や関連活動を表彰、1994年に公募式の「JID賞」として継承され、2002年まで毎年開催。2006年からは、「JID賞ビエンナーレ」として隔年開催されている。JID賞ビエンナーレ2014では、“KURASHI(くらし) ” をテーマに設定。人の生きる場や行動を包括する“KURASHI” に関わるインテリアデザインの様々な挑戦の応募を期待しています。従来の大賞、インテリアスペース部門賞、インテリアプロダクト部門賞に加えて、新たにアイディア部門賞と学生部門賞を創設。 応募方法もウェブサイトからエントリー登録し、 応募作品の画像登録を行う電子申請となり、応募者にとってより簡便なものとなった。一次審査・ 二次審査(精度の高い現地・現物審査)を経て、最終審査において各賞が決定される。審査結果は、ウェブサイトにて発表されるとともに、2014年1月に、リビングデザインセンターOZONEで開催される入賞作品展において、写真パネル、デジタル画面・現物・模型等により紹介される。