ホンダの「N BOX」シリーズが2012年度の軽四輪車新車販売台数トップに

写真拡大

本田技研工業は4日、軽乗用車「N BOX」シリーズの2012年度(2012年4月〜2013年3月)の販売台数が23万6,287台(全国軽自動車協会連合会調べ)となり、軽四輪車新車販売台数で1位を獲得したと発表した。

N BOXシリーズは、2011年12月に「N BOX」、2012年7月に「N BOX +」を発売。

軽乗用車ではトップクラスという室内空間や、存在感のあるエクステリアデザイン、高い燃費性能などにより、子育て層を中心とした幅広い層に好評を得ているとのこと。

また、2012年12月には専用カスタマイズパーツを生産ラインで装着したコンプリートカー「N BOX Modulo X」や、N BOXのベースモデルにターボパッケージを追加するなどして、発売からの累計販売台数は28万台を超えたという。