ロッテリア、新開発のてりやきソースを使ったバーガー3種を期間限定で販売!

写真拡大

ロッテリアは新開発の「焦がしてりやきソース」を採用した、「グリルてりやきチキンバーガー」「グリルてりやきビーフバーガー」「グリル半熟タマてりビーフバーガー」の3種の新しいてりやきバーガーを、4月25日より5月下旬まで全国のロッテリアで販売する。

「グリルてりやきチキンバーガー」は鶏肉本来のジューシーな食感を楽しめ、食べごたえある鶏ももの一枚肉を使用。

ガーリック、オニオンを加えた白ワインに漬け込んで鶏のうま味を引き出し、オーブンで余分な脂分を落としながらやわらかく焼き上げた。

価格は単品320円。

Mセット650円。

ロッテリア特製ミートパティを使用した「グリルてりやきビーフバーガー」は、価格は290円。

Mセット620円。

ビーフパティと、ぷりぷりとした白身・とろっとした黄身のロッテリアオリジナル半熟風たまごをサンドした「グリル半熟タマてりビーフバーガー」は、価格370円、Mセット700円。

味の決め手となる“てりやき”ソースは、新開発の「焦がしてりやきソース」を採用。

うまみ成分が豊富で角の取れた丸い味わいが特徴のたまりじょう油と、国産の鶏ガラを炊き出したチキンスープ、深いコクの中にも切れのあるオイスターソースを合わせた。

スッキリした甘みと焦がしたしょう油の風味が広がるソースとなっている。