ニコラ・フォルミケッティ、ディーゼルのアーティスティック・ディレクターに就任

写真拡大

 「DIESEL(ディーゼル)」が、新しいアーティスティック・ディレクターにNicola Formichetti(ニコラ・フォルミケッティ)を起用することを発表した。2013-14年秋冬コレクションより「DIESEL」のメインラインをはじめ、インテリア・デザインまでを監修。Nicola Formichettiは、3日に自身のTwitterを通じて「Thierry Mugler(ティエリー・ミュグレー)」のクリエイティブディレクターを退任することを発表した。

ニコラ、ミュグレー退任後はディーゼルにの画像を拡大

 Nicola Formichettiの起用について、「DIESEL(ディーゼル)」の創始者兼社長でホールディングカンパニーOnly The Brave( オンリーザブレイブ=OTB)の代表を務めるRenzo Rosso(レンツォ・ロッソ)は「ニコラと私はビジョンを共有している。彼の助けにより、もっと型破りに、新しい世代の『DIESEL』へと導いていきたい」と発表。一方、Nicola Formichettiは「思い返せば、『DEISEL』と僕は常に同じ事をしている。ルールがないんだ。それはポジティブな革命。僕らはともにREBOOT(=リスタート)していくつもりだよ」とコメントしている。今後Nicola Formichettiは、タンブラー内で彼のルールを反映させた世界的なクリエイティブコミュニティ「DIESEL REBOOT プロジェクト」を始動させる予定。現在サイト(www.dieselreboot.tumblr.com)内では、オープン迄のカウントダウンが始まっている。

 Nicola Formichetti(ニコラ・フォルミケッティ)は、クリエイティブディレクターを務めていた「Thierry Mugler(ティエリー・ミュグレー)」を約2年で退任。現在は、ユニクロのファッションディレクターを務める他、2012年からは自身をモチーフにしたキャラクターレーベル「NICOPANDA(ニコパンダ)」を手がけている。