ズッカ25周年ショートフィルム初公開、監督・脚本・主演は菊地凛子

写真拡大

 「ZUCCa(ズッカ)」が3日、創立25周年を記念して制作したショートフィルム「MEMORY OF AN ARTIST〜芸術家の記憶」の上映会を開催した。クリエイティブディレクターにはれもんらいふの千原徹也を迎え、監督・脚本・主演は女優の菊地凛子。「前から映画を作りたいと思っていた」という菊地凛子はこの日のために現在の拠点としているNYから帰国し、招待客に初めて手がけた作品への思いを伝えた。

ズッカ、菊地凛子の監督処女作公開の画像を拡大

 1988年にデザイナー小野塚秋良が立ち上げた「ZUCCa」は、2013年8月で創立25周年を迎える。これを記念して制作されたショートフィルムは、千原徹也が「ファッションブランドの新しい試みとして、本格的なフィルムの制作に挑んだ」という作品。監督処女作品について「楽しんで作ることが出来た」という菊地凛子は劇中の衣装のデザインについてもアイディアを出し、それらが限定アイテムとして商品化が実現している。

 ショートフィルム「MEMORY OF AN ARTIST〜芸術家の記憶」の完全版は、4月4日からスタートする「CABANE de ZUCCa 青山店」をはじめ「PASS THE BATON 表参道」などで開催されるポップアップストアの店頭で上映するほか、ホームページでも公開される予定。同時に限定アイテムが販売される。


■ZUCCa 2013年春夏コレクション「Chambre de l'artiste:芸術家の住む部屋」
 http://www.fashionsnap.com/collection/zucca/2013ss/