【男性編】注文すると通っぽい、焼き鳥の部位ランキング


珍しいだけでなくおいしいのもポイント





焼き鳥屋さんで、見たことも聞いたこともない部位を注文している人がいたら、なんだかカッコイイと思いませんか? デートでもまねしてみたら、彼女も見直してくれるかもしれません。どのような部位が通っぽいのか、マイナビニュース会員の男性402名に聞きました。





Q.注文すると通っぽい、焼き鳥の部位を教えてください(複数回答)

1位 さえずり(食道) 21.1%

2位 ぼんじり 18.2%

3位 ネック(せせり) 17.9%

4位 おたふく(胸腺) 14.4%

5位 油つぼ(ぼんじりの付け根) 14.2%







■さえずり(食道)

・「響きが通っぽい」(25歳/警備・メンテナンス/営業職)

・「量が少なさそうで、めったに出ない部位だから」(36歳/通信/技術職)

・「普通に焼き鳥食ってたら、さえずりなんて単語は出てこない」(31歳/その他)





■ぼんじり

・「マンガ『美味しんぼ』で取り上げられ、その中で登場人物全員がおいしさに驚いていたから」(41歳/機械・精密機器/技術職)

・「焼き鳥通を自慢する人がよく頼んでいる印象がある」(45歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

・「名前の説明だけで一くだりできるから」(44歳/電機/事務系専門職)





■ネック(せせり)

・「初心者では頼めない部位だと思う」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

・「せせりは希少部位だから」(27歳/小売店/販売職・サービス系)

・「どこにでもあるものではないし、おいしいと知らない人も多いから」(37歳/その他/技術職)





■おたふく(胸腺)

・「自分が知らないし、他人が注文しているのも聞いたことがない」(25歳/情報・IT/事務系専門職)

・「そもそも置いてある店が少ないと思う」(48歳/その他/事務系専門職)

・「今、初めて知った名前だったので」(36歳/その他/販売職・サービス系)





■油つぼ(ぼんじりの付け根)

・「なかなか浸透していない部位なので」(29歳/商社・卸/営業職)

・「メニュー表にはない油つぼを頼んでいるオヤジを見ると、かっこいいなぁと思う」(40歳/自動車関連/技術職)

・「歯ごたえと食べごたえが美味」(41歳/建設・土木/営業職)





■番外編:見たことも聞いたこともない部位を注文すると通っぽい

・ソリレス(腰骨の付け根のくぼみについた肉)「聞いたこともない部位だから」(22歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・手羽中「知る人ぞ知る部位と聞いたことがある」(25歳/医薬品・化粧品/営業職)

・白レバー「存在を知らなかった」(35歳/機械・精密機器/事務系専門職)





総評

1位は「さえずり(食道)」でした。鶏の食道と聞くと小さな部位をイメージしがちですが、意外とボリュームがあり、弾力のある食感が特長です。チェーン店などでは見ない部位ですから、まさに知る人ぞ知る焼き鳥といえるでしょう。





2位は「ぼんじり」でした。最近は多くの店で見かけるようになりましたが、意外とどの部位なのかを知らない人も多く、そのネタがいい酒の肴になるようです。3位は「ネック(せせり)」でした。名前の通り、鶏の首周りのお肉です。鍛えられて身がしまっており、歯ごたえに特長があります。一度食べたら忘れられない味のようです。





ランキング外では、「今、初めて知った」「聞いたこともない」といったコメントが多く見られ、まだまだ多くの人が知らない焼き鳥の部位があることがわかりました。それらを覚えて頼むと通っぽい、と思われるようです。次に焼き鳥屋に行った際には、今回のランキングを参考に注文をしてみてください。ちなみに、僕のお気に入りはぼんじりです。

(文・OFFICE-SANGA 杉山忠義)





調査時期:2013年2月15日〜2013年2月21日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:男性402名

調査方法:インターネットログイン式アンケート