【女性編】注文すると通っぽい、焼き鳥の部位ランキング


女性だっておいしい焼き鳥は大好き!





高架下の赤ちょうちんで、サラリーマンがワンカップを片手に焼き鳥を頬張る。昔からある風景ですよね。一方でおしゃれエリアにも、女性好みのスタイリッシュな焼き鳥店がだいぶ増えてきました。今回は、マイナビニュース会員の女性456名に、注文すると通っぽい、焼き鳥の部位を調査。グルメな女性が選んだ部位とは?





Q.注文すると通っぽい、焼き鳥の部位を教えてください(複数回答)

1位 さえずり(食道) 27.4%

2位 おたふく(胸腺) 23.5%

3位 油つぼ(ぼんじりの付け根) 22.8%

4位 ソリレス(腰骨の付け根のくぼみについた肉) 22.4%

4位 ネック(せせり) 22.4%







■さえずり(食道)

・「聞いたことがないし、名前がかっこいい」(33歳/警備・メンテナンス/事務系専門職)

・「鳥専門店で初めて食べて、食感があり、おいしかった」(26歳/電機/技術職)

・「テレビ番組で焼き肉の部位クイズをやっていて、初めて知った」(30歳/商社・卸/事務系専門職)





■おたふく(胸腺)

・「初めて聞いたらソースのことかと思う」(26歳/自動車関連/事務系専門職)

・「自分では絶対に頼まないから」(27歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「日常離れした部位の呼び方だから」(23歳/ソフトウェア/クリエイティブ職)





■油つぼ(ぼんじりの付け根)

・「彼と焼き鳥を食べに行ったときに頼んでいて、通だな〜と思った」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「ぼんじりは好きだけど、油つぼは知らなかったので」(24歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「耳慣れない部位だし、味にこだわりがありそう」(27歳/医療・福祉/専門職)





■ソリレス(腰骨の付け根のくぼみについた肉)

・「聞いたことがないし、響きがおしゃれ」(26歳/商社・卸/事務系専門職)

・「ソリレスはプリっとしていて、お刺し身でもおいしいですよ」(20歳/小売店/販売職・サービス系)

・「マニアックっぽい部位だから」(28歳/印刷・紙パルプ/事務系専門職)





■ネック(せせり)

・「せせり、と言うほうが渋い」(30歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「初めてせせりを食べて感動した。また、せせりを頼むと『いい選択するね』とよく言われる」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「せせりは外食でしか食べたことがないから」(27歳/生保・損保/専門職)





■番外編:内臓系を頼むと通っぽい?

・ハツ「内臓が苦手なので、それを楽しめる人は本当にいろんな部位を食べたのかな、と思う」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・白レバー「白レバーを注文できるお店はおいしいところが多いと思う」(29歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

・手羽先「愛知生まれの私にとっては外せない」(24歳/マスコミ・広告/秘書・アシスタント職)





総評

1位は「さえずり(食道)」でした。名前その物を聞くのが初めて、という人が多数見受けられます。また、さえずりという響きがカッコイイ、という意見も目立ちました。2位は「おたふく(胸腺)」です。「ソースか?」という、ユニークなコメントもありました。





3位は「油つぼ(ぼんじりの付け根)」です。ぼんじりがメジャーになったということで、その一歩先のメニューを知っている、というところが通っぽく感じる模様。ぼんじりでは物足りないこだわりを持つ人が頼む点も、より通っぽく映るのでしょうね。





ランキング外では、「名古屋出身なので手羽先は外せない」というコメントが印象でした。また、内臓系の部位を頼む男性も通っぽく見えるようです。一歩間違えるとオヤジっぽくも見えるそうですが、おいしいものを食べることに性別は関係ないのでは? 初めて目にする部位がお店にあったら、ぜひチャレンジしてみてください。

(文・OFFICE-SANGA 杉山忠義)





調査時期:2013年2月15日〜2013年2月21日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:女性456名

調査方法:インターネットログイン式アンケート