ヤクルト、マルタ共和国で「ヤクルト」販売--海外31の国・地域に販売網拡大

写真拡大

ヤクルト本社は3日、地中海の島国であるマルタ共和国において、「ヤクルト」の販売を8日から開始すると発表した。

マルタ共和国では、ヨーロッパヤクルトが製造した商品を、同社が100%出資する現地法人のイタリアヤクルト販売が、同国の食品卸売会社を通して小売店舗で販売する。

販売商品は「ヤクルト」65ml×7本パックで、価格は5.95ユーロ(約714円)。

販売形態は店頭販売となる。

ヤクルトグループは、「生命科学の追究を基盤として、世界の人々の健康で楽しい生活づくりに貢献する」との企業理念のもと、販売国および地域を拡大。

今回マルタ共和国で販売を開始することにより、日本を除く海外31の国と地域に販売網が広がるという。

同社は、同国での販売を通じて、同国国民の健康に貢献していくとしている。

マルタ共和国は、イタリアシチリア島の南約93kmに位置する総面積約316平方キロメートルの島国。

首都はバレッタで、人口は約40万人。