大塚家具、「円安」で輸入品約4,500品目を”値上げ”--最大14.2%予定、16日から

写真拡大

大塚家具は2日、昨年末からの円安傾向を受け、輸入商品約4,500品目を16日から3回に分けて値上げすると発表した。

まず16日には、中国やドイツ産などの家具約3,900品目について、現在の販売価格から1.3%〜10.5%(平均4.2%)引き上げる。

続いて、5月1日には、デンマーク産の家具約60品目を9.9%〜14.2%値上げし、5月14日には、イタリアやイギリス産などの家具約540品目を0.2%〜13.1%値上げする予定。

値上げされる商品は、ソファやテーブル、チェア、ベッドフレームなどとなっている。