3月下旬に開催された東京国際アニメフェア、アニメコンテンツエキスポがいずれも盛況となり、この春も話題には事欠かないアニメ業界。

多数の新作を網羅すべく、今期もテレビアニメの新番組リストを作成した。

今回は、2013年4月改編期の新番組を中心に、2013年3月から2013年5月に放送開始となるアニメ作品をリストアップ。

3月末の段階で判明している新番組の数は50本となっている。

改変規模の小さい2013年冬期(2012年12月〜2013年2月)の36本と比べると14本の増加。

1年前の2012年春期(2012年3月〜2012年5月)の58本と比べると8本減少はしたものの、引き続き盛況な新作シーズンとなっている。

各種データは作品の公式サイト、放送局のサイトを参照し、局によって放送日時が異なる作品については、もっとも早いタイミングで放送されるものを表記している。

なお、単発の特別作品や、公式サイトだけのWEB配信、高画質版の再放送などはリストに掲載していない。

今期の作品ではノイタミナ枠で一挙再放送となる『刀語』や、富山県南砺市エリア限定で配信となる『恋旅〜True Tours Nanto〜』などがこれにあたる。

Twitterの利用率に目を移すと、50作品中32作品(64%)が公式アカウントを開設。

春の改編期はツイッターを活用しないキッズ向け作品が多いこともあり、この冬の36作品中28作品(=約77%)からは減少している。

そのほかFacebookでは『はいたい七葉』、『ガラスの仮面ですが』、『血液型くん!』といった作品が公式ページを設けている。

ニコニコ動画では『あいうら』、『惡の華』、『うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVE2000%』、『俺の妹がこんなに可愛いわけがない。

』、『革命機ヴァルヴレイヴ』、『銀河機攻隊マジェスティックプリンス』、『血液型くん!』、『進撃の巨人』、『翠星のガルガンティア』、『スパロウズホテル』、『デート・ア・ライブ』、『DEVIL SURVIVOR2 THE ANIMATION』、『とある科学の超電磁砲S』、『波打際のむろみさん』、『這いよれ! ニャル子さんW』、『はたらく魔王さま!』、『ハヤテのごとく! Cuties』、『百花繚乱 サムライブライド』、『プリティーリズム レインボーライブ』、『ゆゆ式』、『よんでますよ、アザゼルさん。

Z』、『RDG レッドデータガール』などの配信が予定されている。

ニコニコ動画以外でもネット配信を行う作品は多数あるので、詳しくは各作品の公式サイトをチェックしてほしい。

今期注目したいのは、近ごろ少数派になってしまったロボットアニメの復調だ。

アニメファンに向けては『銀河機攻隊マジェスティックプリンス』、『翠星のガルガンティア』、『革命機ヴァルヴレイヴ』という大作が一挙に揃い踏みする。

これにキッズ向けの『トレインヒーロー』、『ダンボール戦機WARS』、『鉄人28号ガオ!』、『ロボカーポリー』も加えるとじつに7本ものロボットアニメがこの春出揃うことになる。

おもちゃを売るためのロボットアニメ、というかつての方程式がそのままでは通用しない現在において各作品がどんな形で新たにファンを獲得していくのか、期待しながら見守りたい。

もう一点、『鉄人28号ガオ!』や『DD北斗の拳』、『ガラスの仮面ですが』、『忍者ハットリくん』など、往年の名作を原作とした新作アニメもいくつか登場。

各コンテンツが生き残りをかけて、原作の枠にとらわれない果敢な挑戦を行なっているのも見逃せないところだ。