「手帳術」から見る社会-1-

写真拡大

■TOPIC-1 最も身近な自己啓発書

書店に足を運ぶと、その大きな一角を「手帳」が占めているのは珍しいことではありません。さまざまな用途、さまざまな色・デザインの手帳がそこには並んでおり、もしここから一つ選べと言われても迷ってしまうほどです。

こうした手帳コーナーのさらに一角に、あるいは自己啓発書コーナーの一角に「手帳術」についての書籍が並んでいることも珍しくありません。こうした書籍は、手帳の使い方だけでなく、手帳の選び方についても懇切丁寧に教えてくれるものです。

今回はこの「手帳術」を扱う書籍をとりあげたいと思っているのですが、その狙いは2点あります。1つは、「手帳術」を扱う書籍は、私たちの最も身近なところにある自己啓発書だということです。手帳という、誰もが持っている道具の見方・使い方を変えるだけで、日々の生活、自分自身、果ては人生までが変わると述べるのが「手帳術」関連書籍です。日常生活が気づいたら自己啓発の実験場になっている、そんな現代社会の状況を考える最適な素材が「手帳術」だと考えるのです。

もう1つは、議論を先取りすることになりますが、今述べた、日々の生活、自分自身、人生が変わるといった手帳の「効用」は、15年ほど前にはほぼ誰も述べていなかったということについて考えてみたいのです。手帳という何気ない道具へのまなざしの変化もまた、自己啓発書から現代社会について考えてみようとする本連載においては興味深い出来事なのです。

ところで、書店にさまざまな手帳が居並ぶようになったのはそれほど昔からではありません。1971年に行われた日本事務能率協会のアンケート調査によると、この当時、手帳利用者が使っている手帳の57%は「名入(ないり)手帳」、あるいは「年玉(ねんぎょく)手帳」と呼ばれる、企業から支給される手帳でした。一方、市販品の手帳を使っていた人は33%に留まっていました(後藤弘編著『誰も教えてくれなかった上手な手帳の使い方』138p)。

また、手帳評論家の舘神龍彦さんによれば、1970年代までの主な手帳は、名入(年玉)手帳であれ市販の手帳であれ、内容は予定欄、日記欄、メモ欄、住所録、出納表、七曜表、度量衡、路線図などでほぼ定まっており、サイズはポケットに入る小型版だったといいます。つまり手帳のバリエーションが乏しかったわけです(『手帳進化論』23p)。

■システム手帳現る

1980年代、名入(年玉)手帳の優勢が揺らぎ始めることになります。それはイギリス発の「ファイロファックス」が1984年に日本に上陸して以後起こる、システム手帳のブームによってです。

システム手帳は「バイブルサイズ」とも呼ばれる大きなサイズ、リフィルを出し入れできるバインダー構造、そして「ファイロファックス」一式36,000円という価格設定など、手帳についての「常識をことごとく覆」すものでした。「ファイロファックス」はその価格にもかかわらず「熱狂的に支持され、一大ブーム」を形成し、時をおかずして国産メーカーもシステム手帳の生産・販売に着手するようになります(『手帳進化論』24p)。

舘神さんは、システム手帳は「手帳の概念を解体」(『手帳進化論』25p)した点で意義があると述べています。つまり、企業からあてがわれた手帳をそのまま使うのではなく、自分自身で手帳を選び、「カスタマイズ」(同上)できるということを知らしめたのだというのです。

舘神さんによると、1990年代になるとシステム手帳はPDAに押され、人気に陰りが見られるようになるといいます(とはいえ、『日経ビジネスアソシエ』2008年11月4日号でのアンケートを見る限りでは、紙の綴じ手帳の利用者が52%に対し、システム手帳利用者は18%で、利用者がまったくいなくなったわけではありません)。しかし、この陰りによって再び名入(年玉)手帳の時代がやってくることはありませんでした。舘神さんによれば、1990年代の不況期、コスト削減のために名入(年玉)手帳を廃止する企業が増えたためです。現在は、最盛期に比べて名入(年玉)手帳の発注数は半分程度になっているとのことです(『手帳進化論』25、28、33p)。

名入手帳とシステム手帳の時代が去り、残ったのは市販の手帳でした。こうして、実にさまざまな種類の手帳が生産・販売されるようになったのです。さらにこれらの手帳は利用者のニーズに合わせ、年々進化を遂げています。そして、このようにさまざまな手帳が売られているからこそ、「手帳の種類が多すぎて選べない!」「自分にぴったりの手帳を選ぼう」(日本能率協会マネジメントセンター『手帳300%活用術』4p)として、手帳の選び方と使い方を指南する「手帳術」もまた刊行されるようになっているわけです。

■1979年に出揃っていた基本形

書籍のタイトルに「手帳術」という言葉が初めて用いられるのは1991年です(後述)。それ以前には、システム手帳や電子手帳の用い方に関する書籍が数冊出ているほかは、手帳の使い方に関する書籍は管見の限りでは2冊あるのみでした。1冊が1989年に刊行された斉川賢一『できる男の〈入門〉手帳活用術』、もう1冊が、調べた限りではもっとも古い手帳の使い方に関する書籍だと考えられる、1979年刊行の後藤弘編著『誰も教えてくれなかった上手な手帳の使い方』です。今回は、後藤さんの著作に注目することから、「手帳術」の事始めを紐解いてみましょう。

後藤さんは日本能率協会、つまり「能率手帳」の発行元の常務理事(当時)です。この当時「能率手帳」は発売30周年を迎え、協会は「手帳と私」「私の情報整理術」というテーマで懸賞論文を募集しました。そこに集まった480の論文を編集して刊行されたのが同書でした。同書は「手帳術」という言葉が登場するよりも随分前の著作ですが、今日の「手帳術」の構成要素が、既にある程度出揃っているという点で興味深いものです。

まず同書の「はじめに」では、「手帳が、現代人の時間管理や情報管理、さらには自己管理のツールとして」使われていることが述べられます(3p)。後の議論を先取りすると、今日の「手帳術」では、スケジュールや情報の管理そのものではなく、スケジュール等の管理を通して自分自身を管理するところに重心が置かれているのですが、既にこの1979年の著作において、手帳を自分自身の管理ツールとして位置づける考え方があることを確認できます。

また今日の「手帳術」では、手帳の使い方によって人生が大きく変わるとも述べられるのですが、同書でも「手帳を上手に使っている人は、それだけ仕事も、日常生活も、あるいは人生をも、そうでない人に比べて、はるかに充実したものにしていることを痛感しました」と書かれています(3-4p)。やはりこの時期既に、手帳という非常に日常的で些細なことがらのなかに、人生の秘密が隠されているという考えの萌芽をみることができます。

■豊かに、自由に使われていた時代

さて、この当時、手帳はどのように使われていたのでしょうか。応募論文においては、次のような用途が見られたといいます(49-50p)。人生計画、夢の記録、現在の重大関心事項、テレビや新聞等の情報メモ、試験の時間割、車のナンバー、写真のシャッタースピード、今年の目標、天候、金銭の出納、買い物や約束等のメモ、考えるための材料、業務日記、仕事やプライベートでの行動予定、怒り、悩み、反省、訪問先の地図、流行歌、方言の意味、映画の上映館と上映時間、列車や飛行機の時刻、俳句、会社の営業方針、パチンコ店のよく入る機械のナンバー、上役の悪口、等々。

これは一部抜粋に過ぎませんが、実にさまざまに用いられていることが分かります。このようにさまざまに手帳を活用する当時の人々の手帳についての考え、思いも同書には収録されているのですが、私はこれが非常に面白いと思っているので、いくつか紹介したいと思います(以下、引用文における漢数字は英数字に変換しています。以降も同様)。

「古い手帳をひらくと、ふと旅に出るような気がする。『自分』をさがしにゆく旅である。手帳の中の風景は『日記』のように言いわけをしない。あるがままに見られるのを待っている。そんな時、ふだんは私の主人のような手帳も、黙っておとなしく見られてくれている」(36p、21歳学生による)

「仲よくしている女友達はいたが、なぜかそのときは話すことができなかった。昼休みに手帳を拡げたわたしは、そのときの悲しかった気持ちを、書きなぐったことがある。書きながら、涙がポタポタ手帳の上におちて、それがシミになってひろがっていくのをみていると、不思議と悲しみがうすらいで、洗われたようなさっぱりとした気持ちになっていく。そして文章とも詩ともつかないその文面のはじめに、大きく『ひとり』とテーマを書きおわると、あんなに悲しかった気持ちがうそのように晴れて、もとの元気のいい自分になっていったことをいまでも憶えているのである。そんなことがあってから手帳は、わたしの心でもあるようになった」(37p、公務員・年齢不詳による)

「(1)思考の基礎(自分の時代) 年頭にあたり、自分で時代をつくり上げることを考える。今年は自分自身、このようなテーマを持ち続けよう、というような思考の基準を、まず手帳の表紙の見返しに太字のマジックで書き入れる。たとえば、1977年は『忍の時代』と名づけ、78年は『創造の時代』、そして79年の今年は『挑戦の時代』と記録をした。(中略)私の場合は、その年に応じて思考の基準を決めており、手帳を手にするたびに、いやおうなしに目につき、自分を律するための一つの方法としている」(51p、43歳会社員による)

最初のものは過去の自分と向き合うために、次は現在の自分自身と向き合うために、最後は将来に向けて自分を律するために、とこのようにまとめてしまうと何か味気なくなってしまうほどに、市井の人々のうちに非常に豊かな手帳への思いが育まれていたことが同書からは伺えます。

同書では、手帳の使い方も扱われているのですが、それは主に「能率手帳」の構造にしたがって、スケジュール欄やメモ欄の使い方を説くもので、特段目を引くものではありません。同書で何より面白いのは、今述べたような市井の人々の豊かな手帳観です。後の「手帳術」をみた上で私はこの原稿を書いているわけですが、後の「手帳術」のアイデアはあらかた、この時期に市井の人々がすでに実践していたものでした。つまり今日の「手帳術」は、その唱導者たちの独創によるのではなく、こうした市井の人々が行ってきた手帳の使い方のある部分がピックアップし、体系立てられたところに生まれているというのが私の考えです。

さて、次からいよいよ「手帳術」の系譜を追っていくことにしましょう。以下ではハウ・トゥそのものを追いかけるというよりは(それを逐一拾っていくと膨大になってしまうということもあります)、「手帳術」によって何が可能となるのかということについての系譜を追いかけていきたいと思います。

また、「手帳術」という言葉をタイトル・サブタイルに冠する書籍を今回の素材としますが、「手帳活用術」「手帳HACKS」といった、別の言葉が使われた手帳関連書籍も、多くはありませんが存在することをあらかじめ述べておきたいと思います。また、「ノート術」や「メモ術」など、書くことに関する書籍も、「手帳術」の動向と関連すると考えられるのですが、そこまで組み入れるとあまりに煩雑になってしまうので、今回は「手帳術」関連書籍に特化して系譜を追っていくこととします。

■「手帳術」の登場

先に述べたように、1991年に「手帳術」という言葉を冠した書籍が初めて登場します。マーケッター/プランナーの福島哲司さんによる『究極の手帳術』がそれです。同書の冒頭では「情報化社会」、特に情報が「巨大なる怪物のようにふくれあがってきた」時代において、「情報とうまくやっていく」ことを通して時代を生き抜いていこうという問題意識が掲げられています(3p)。具体的には「車内広告を見てアイデアを見つけメモをし、そのアイデアを昼食時間中に発展させ、そして、急ぎクライアントに電話をする」(4p)というような仕事の流れを「情報処理システム」と捉え、その処理の根本的な考え方を「情報生理学」として示すことが同書の内容だと述べられています(4-5p)。こうした情報処理にとっての重要ツールが、情報を書き留め、整理することに優れた手帳だというわけです。

福島さんの「情報生理学」にとって最も重要な要素は柔軟性と創造性です。柔軟に情報を着脱できる手帳といえばシステム手帳かと思いきや、福島さんはシステム手帳はいつでもどこでも携帯できないこと(満員電車、トイレの中、ゴルフコースを回っているとき、寝室などが事例としてあげられています)、リフィルが原理的には無限に増やせるために情報の取捨選択がおろそかになるという点でシステム手帳を退けます。

福島さんが推奨するのは、「能率手帳」とポストイットの活用です。「能率手帳」は小型サイズで常時携帯(メモ)可能ですが、ページ数に限りがあります。そこで、まずポストイットに情報を書き込み、次に絞り込まれた情報(ポストイットを並べて、アイデアを発展させる場合もある)を手帳本体に書き込んで不必要になったポストイットは捨てるという二段構えの方法がとられます。これによって、入ってくる情報の柔軟な処理、自分自身から生まれてくる創造的なアイデアの管理をともに可能にする「情報処理システム」としての手帳が完成するというのです。ポストイットの活用は今日の「手帳術」でもしばしば言及される技法です。

創造的な発想を支えるために手帳を使うという考え方は、福島さんのオリジナルではありません。管見の限りでは、生態学者・民族学者の梅棹忠夫さんが1969年に著した『知的生産の技術』で示した、手帳を自分の着想を記録するために用いるという「発見の手帳」の項に遡ることができます。「ちいさな発見、かすかなひらめきをも、にがさないで、きちんと文字にしてしまおうというやり方」(26p)をいつでもどこでも行えるツールとして手帳を活用するという考え方。これが福島さんの「手帳術」のルーツのひとつになっていると考えられます。

福島さんの著作には、「大切なのは、自分が人生でどう生きるか、本来へのヴィジョンや生きがい、自分の生き方への気づきである」(24p)、「夢を広げていくと、今日やることが気が乗らなくても、何だかやる気が出てきて、やれてしまう」(66p)といった、人生や夢に関する言及が時折登場します。

しかしながら、それが「手帳術」と連動して記載されることはありません。それらは手帳に書き込まれる内容の一つではありますが、どのように人生や夢に向き合うことができるのか、そのための直接的な「手帳術」が示されることはないのです。

■「人生」と「手帳」の距離

さて、「手帳術」と名のつく書籍は、福島さんの次は1997年まで間が空くことになります。それが『西村晃の「生産性」手帳術』ですが、同書の副題に「時間を3倍創り出す法」とあるように、時間管理をメインテーマとするものです。同書は、ニュースキャスターとして多忙を極める西村さんが、「忙しいなかにもいかに自分の自由になる時間を見つけだし、自己啓発に精を出したり、あるいは趣味に打ち込む時間を創るか」(31p)、それを「手帳術」によって可能にしようとする著作です。

西村さんに関して注目すべきは、その手帳への、自己管理への情熱です。毎年9月15日を翌年の手帳を買う「儀式」の日と決め、「手帳を買うことは一年を買うこと、そして人生を買うこと」だと思い入れていること(1-2p)。「手帳を買った夜は興奮してなかなか寝つけない」ということ(2p)。「一日に何回も見る。ひとつ仕事が終わって確認、またひとつ終わってまた確認」、寝る前には手帳をカバンの上に置いて眠り、翌朝は手帳を見ながら身支度をするともあります(98p)。さらに、小さいころから時刻表マニアであることが長じて「自分の日程の『ダイヤ』を組みだした」(187p)、時間管理によって「自分の人生の密度をなんとか3倍にできないか」(205p)といった言及もあります。

このような西村さんですから、同書では手帳とは何かということが熱く語られ続けます。手帳から「自分の歴史」がわかる(3p)。「手帳は人生の縮図だ。過去と現在と未来を見通す羅針盤だ。手帳抜きの人生など私には考えられない。私の横にはいつも手帳がいる」(214-215p)。「人生を変える手帳術」(12p、および第6章のタイトル)という言葉も同書では登場しています。

しかし、西村さんの著作では中長期的な人生設計を立てよう、スケジュールやアイデアの管理を、ポストイット等を使って効率的・効果的に行おうとまでは主張されるのですが、(次週で詳しく見るように)人生を変えるための「手帳術」そのものが示されることはありません。これは、手帳を活用して計画を整え、無駄なく過ごし、仕事の生産性を上げることがすなわち人生の好転を意味すると考えられているためですが、いずれにせよ、これだけの手帳への情熱をもつ西村さんにおいても、人生を変えるための直接的な「手帳術」が示されることはなかったのです。

1990年代、「手帳術」という言葉が産声をあげましたが、まだその著作数は少なく、その用途も概してスケジュール・情報・アイデアの効率的管理を基本線としていました。2000年代に入ると、手帳の用途は一気に拡大し、実に多彩な「手帳術」が乱立することになります。次回は2000年代における「手帳術」のポイント、つまり手帳で夢がかなうと述べる著作の登場について見ていきましょう。

----------

『誰も教えてくれなかった上手な手帳の使い方』
 後藤 弘/日本能率協会/1979年

『手帳進化論』
 舘神龍彦/PHP研究所/2007年

『手帳300%活用術』
 日本能率協会マネジメントセンター/2009年

『できる男の〈入門〉手帳活用術』
 斉川賢一/かんき出版/1989年

『究極の手帳術』
 福島哲司/明日香出版社/1991年

『西村晃の「生産性」手帳術』
 西村 晃/生産性出版/1997年

----------

(牧野 智和=文)