鳴き声は「フェ〜」、時速40kmで走る。 アルパカの魅力とは!

写真拡大

愛嬌(あいきょう)のある表情と、何ともいえないボディーラインが魅力の「アルパカ」。

今回はそんな愛らしいアルパカの魅力をたっぷりと御紹介します。

これであなたもアルパカファンになること間違いなし!■アルパカってどんな動物?もともとは南アメリカ大陸原産の家畜種。

ウシ目のラクダ科で表情はラクダに似ています。

くりくりとしたかわいらしい目とお尻が印象的。

ふわふわとした体はまるでぬいぐるみのようです。

体長は100〜200cm前後、体重が50kg前後なので、人間と目線がほぼ同じ位置にあります。

草食で寿命は15年〜20年。

時速40km前後で移動が可能。

温厚で好奇心盛んですが、威嚇や防衛の際には強烈なニオイをはなつ「つばき」を口から吐きつけることも。

通常は群れで行動し、鳴き声は「フェ〜」など。

■アルパカの毛ってどんなかんじ?毛を使うために品種改良されただけあって、極めて良質な体毛が特徴。

細くて強く耐久性に優れています。

毛色は大きく分けると茶、黒、白、ネズミの4色。

切らずに放置しておくと地面に付くほどのびてしまいます。

日本ではマフラーや手袋などの小物にアルパカの毛が使われています。

虫に好まれやすいため、保管する際は防虫剤を忘れないように。

・アルパカ・スタイル アルパカ通販とアルパカ総合情報ちなみに、ペルーなどでは肉料理として提供されることもあります。

日本人にはちょっとクセがあってかためなようです。

■アルパカってどこにいるの?アルパカは、ペルー南部、それに接するボリビア、アルゼンチン北部の、海抜およそ3,500〜5,000mのアンデス湿潤高原地帯で放牧されていて、アメリカではペットして飼われていることも。

残念ながら日本では、ごく一部の飼育施設で飼われているだけです。

「那須アルパカ牧場」は、日本唯一のアルパカ生産牧場なので、直接間近でみたい方は是非足を運んでみましょう。

この他にも、動物園などでみることができます。

・アルパカ牧場 那須ビッグファーム■アルパカは日本でペットとして飼える?アルパカは家畜なので、飼う場合はそれなりの広さやお金が必要。

通常のペットを飼うような飼育環境では無理です。

「アルパカが好きで好きでたまらない!」という方は、定期的に牧場に足を運ぶなどして、癒やされてみましょう。