免疫力を高める食材といえば

写真拡大

「最近体調を崩しやすくなった…」と悩んでいる方も多いはず。

今回は、体の免疫力を高める、代表的で手に入れやすい食材を3つ御紹介。

是非ふだんから積極的に摂取してみましょう。

参考サイト・免疫生活■「免疫力」とはそもそも何か?私たちの体はふだん、様々なトラブルと戦っています。

病気やケガ、疲労などから体を守るためには、強い体を維持することが大切。

食材から栄養を摂取することで体の中に栄養が伝わって健康になり、免疫力を高めることが可能になります。

そのため、免疫力を高めるためにはバランスの良い食生活が大事ですが、いざ実行しようと思ってもなかなか難しいもの。

特に一人暮らしの方などは食生活が乱れがちになり、免疫力が低下する傾向にあります。

■風邪をひきやすい人にオススメの「しょうが」まず最初にオススメするのはしょうが。

発散作用、健胃作用などがあり、風邪をひきやすい人、胃腸を悪くしやすい人にオススメです。

チューブタイプも良いですが、生のものをすりおろしたり、細かく刻んだりして煮物やスープにいれるのがオススメ。

1回分ずつに切り分けて、冷凍庫にストックしておくと日持ちし、いつでも使えて便利です。

■貧血を起こしやすい人にオススメの「ホウレンソウ」ホウレンソウと聞くと、アニメーションの「ポパイ」で出てくる、缶詰の印象が強い方も多いはず。

ビタミンAや葉酸が多く、鉄分の吸収を促進するため、貧血を起こしにくくなります。

料理のレパートリーも多いので、是非積極的に取り入れましょう。

■疲れを癒やしたい人にオススメの「豚肉」豚肉はビタミンB1を多く含む食材。

ビタミンB1は炭水化物を体の栄養素でもあるブドウ糖に変える働きを持っているため、疲れを癒やす食材として優秀です。

ネギ類と一緒に調理することでビタミンB1の吸収率もアップ。

ギョーザやいため物でおいしく豚肉を摂取しましょう。

■食事だけに頼らず、休養もとることストレスに長時間さらされることで体調が悪くなったり、寝不足で具合が悪くなったりするケースは多いもの。

しっかりと食事をとっていても、疲れの原因となるものが慢性的に体に負担をかけていることもあります。

できるだけ、体や心を休める時間を作り、免疫力を高めるようにしましょう。