【アニメ】「マイリトルポニー 〜トモダチは魔法〜」第1話「孤独なポニー少女、トワイライトスパークル」(ネタばれ注意)

写真拡大

●ようこそポニービルへ

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©2013 Hasbro. All Rights Reserved. Licensed by Hasbro
<キャスト>
トワイライトスパークル:沢城みゆき
ピンキーパイ:三森すずこ
アップルジャック:徳井青空
ラリティ:佐々木未来
レインボーダッシュ:橘田いずみ
フラッターシャイ:加藤英美里
スパイク:くまいもとこ
プリンセスセレスティア:井上喜久子
ナイトメアムーン:本田貴子

●ストーリー
主人公のトワイライトスパークルはユニコーンの女の子。
ユニコーンやペガサス、ポニーたちが暮らす平和なエクエストリアの王都キャンタロットに住んでいた。ところが、真面目で読書家のトワイライトは、女王・プリンセスセレスティア様から『本を読むばかりではなく、友情について学びましょう』と、命を受け、ベビードラゴンのスパイクをお供に、田舎の町ポニービルに行くことになり……そこで大変なことに巻き込まれてしまう!? さて、どんな面白い友達と出会うのかな? そして、友情について学ぶことができるかな?
●孤独なポニー少女、トワイライトスパークル
エクエストリアの王都キャンタロット。そこに住むトワイライトスパークルは、勉学(主に魔法)に励むあまり友達がいない孤独なポニー少女。彼女は絵本に記載されているエレメントオブハーモニーとナイトメアムーンに対して国家の危機を感じます。

そこでプリンセスセレスティアに手紙を書く(ポニーゆえ筆が持てないためスパイクが代筆)彼女。しかし、プリンセスセレスティアの回答は、

プリンセスセレスティア「本ばかり読んでないで、お祭りの監督及びそこで友達を作りなさい!」

そこで夏至祭が開催されるトニービルに向かうトワイライトスパークルですが…。
●ようこそポニービルへ!
ポニービルにやって来たトワイライトスパークルとスパイク。

トワイライトスパークル「私は図書館で勉強をするのに忙しいから友達を作る暇なんてないの!」

とはいえプリンセスの勅命ゆえ夏至祭の見回りをするトワイライトスパークル。そこで出会うピンキーパイ、アップルジャック、ラリティ、レインボーダッシュ、フラッターシャイ。

※特にフラッターシャイはスパイクにぞっこん(死語)なのだ!

しかし、フラッターシャイに対してやきもちを妬くトワイライトスパークル。彼女も恋に憧れる普通の女の子なんですね!

相変わらず友達を作ろうとしないトワイライトスパークルですが…。
●サプライズパーティ!
トワイライトスパークルとスパイクは新しい住居であるポニービルの図書館にやってきます。

そこは真っ暗。そして明かりがついた瞬間、

ピンキーパイ「サプライ〜ズ!私、ピンキーパイ!びっくりした?どう?」
トワイライトスパークル「ええ、びっくり。図書館では静かにしてよね。もう!」

彼女のけたたましいトークに動揺しながらも、周囲を見渡すとどうやら前夜祭としてパーティを開催しているようです。

とりあえず飲み物を飲もうとするトワイライトスパークルですが…。

スパイク「激辛ソース?」

間違えて激辛ソースを飲んでしまった彼女は寝込んでしまいます。
●ナイトメアムーン
壇上には夏至祭の主催者、プリンセスセレスティアが登場するはずでしたが…。

ナイトメアムーン「愛しき者どもよ、久しぶりだな!私が女王では嫌なのか?」

ナイトメアムーンは闇を支配する存在。彼女の復活によって夜が永遠に続く事になりますが…。

トワイライトスパークルは如何にしてこの困難に立ち向かうのでしょうか!
●ちなみに
本作では「探偵オペラ ミルキィホームズ」のメインキャストが出演しています。

おそらく「探偵オペラ ミルキィホームズ」のファンであれば声を聴いただけで即座に担当声優が分かると思われます。そのため初見のキャラクターでもかなり印象に残ります。

なお、私(清水サーシャ)か執筆するアニメレビュー系の記事は殆どがマニア向けアニメ作品で、本作のようなファミリー向けアニメ作品のレビューを書くのは珍しいですが、本作はマニア向け作品のファンが見てもかなり楽しく視聴出来るように感じました。

「マイリトルポニー 〜トモダチは魔法〜」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕」第12話「青空教室」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「マイリトルポニー 〜トモダチは魔法〜」TVアニメ公式Webサイト
「マイリトルポニー 〜トモダチは魔法〜」AT-X公式Webサイト