【インタビュー】ファッションのブランディングから植栽のディレクション – “スタイル”を提案できるスタイリスト・熊谷隆志にせまる (第1回/全2回)

写真拡大 (全6枚)

 取材・文: 合六美和  ポートレイト写真: 三宅英正  英語翻訳: Oilman

 

「トレンドに捉われないスタイル」、今や多くのブランドやメディアで使い回されている常套句ともいっていいフレーズだが、その根っこを探っていく時、ファッションの分野でまず辿り着く人物が、熊谷隆志だろう。90年代のパリでスタイリストとしての活動をスタートさせて以後、フォトグラファー、ディレクターといった職種のみならず、ファッションのフィールドすらも越えながら活動範囲を拡大し続けている。近年では Biotop (ビオトープ) や WILD LIFE TAILOR (ワイルド・ライフ・テーラー) を始めとするショップのディレクターとしても有名だ。マルチな才能を発揮する熊谷氏の、そのスタイルのベースにあるものとは?ここでは、熊谷氏が手掛けるメンズブランド NAISSANCE(ネサーンス) の2013-14年秋冬展示会のタイミングで収録したインタビューを紹介する。

 

- まず、4シーズン目となるNAISSANCEの現行コレクション (2013年春夏) について。グリーン、イエロー、ネイビーなど、色が特徴的ですが、どんなイメージで制作なさったのですか?


NAISSANCE Spring/Summer 2013


NAISSANCE Spring/Summer 2013


NAISSANCE Spring/Summer 2013


NAISSANCE Spring/Summer 2013

映画『太陽がいっぱい』 (1960年) に出てくるAlain Delon (アラン・ドロン) がテーマ。麻のジャケットとかショーツとか、南フランスのイメージで作りました。コートダジュールにアジア人がいたら、たぶんこんな感じなのかな。ショーツの丈は、業界で一番短いと思います。


NAISSANCE Spring/Summer 2013


NAISSANCE Spring/Summer 2013


NAISSANCE Spring/Summer 2013


NAISSANCE Spring/Summer 2013

 - たしかにかなり短いですね。リアクションはどうですか?



いいですよ。僕自身、海パンにしろ何にしろ、普段から短い丈が好きでよく履いています。その丈から出る足がキレイだと思うので。その筋で、70年代あたりに戻したフォルムにこだわりながら、短めの短パンに仕上げました。あとは、いつものNAISSANCEのスタイル。流行にとらわれず、僕の好きなフランスやアメリカの古着にインスピレーションを得ながら作っています。

 

 

- いま熊谷さんが着用なさっているジャケットも、NAISSANCEの新作ですよね。サラリと着こなしていらっしゃいますが、実はタキシードだったりして。

そう。麻素地でタキシード。絶妙なグリーンの発色にもこだわっています。

 

 

- 熊谷さんが手掛けていらっしゃる主なブランドには GDC (ジー ディー シー) とNAISSANCEがありますが、それぞれにディレクションの違いはありますか?

GDCは1998年からクリエイティブディレクターとして続けていて、購買層は20〜30代前半。対するNAISSANCEは、2011年秋冬スタートの新しいブランドで、こちらの購買層は20代後半から、上は70歳まで。イメージしていた通りのファン層ができてきています。NAISSANCEは置いている店も、Biotop や WILD LIFE TAILOR など、わりに大人が来るセレクトショップが多い。僕のライフスタイルに関する提案に合う服ができているとおもいます。


GDC Spring/Summer 2013


GDC Spring/Summer 2013


GDC Spring/Summer 2013


GDC Spring/Summer 2013

 

- NAISSANCE立ち上げのきっかけになったのは?

一緒に年をとっていきたい、いいブランドを自分で手掛けたかったから。NAISSANCE では、僕が60歳になったら60歳の服を作るとおもう。逆に GDC は、年を取らないようなディレクションをしています。ブランドが僕と一緒に年を取ってしまうと、ロゴが無くなったり、キラーアイテムのスタジャンが変わってしまったり、いまならガーデニングやボタニックでやっているのですが、そういうコアの部分がズレてしまうので。

 
GDC Spring/Summer 2013


GDC Spring/Summer 2013

 
GDC Spring/Summer 2013


GDC Spring/Summer 2013

 

- ではNAISSANCEは、熊谷さんご自身も普段からよく着ていらっしゃるのですね。

そうですね。でも植物を買いに行く時などは、GDCも着ています。カマとかクワが入れられる、ボタニック・バイイング・スーツを作っているので。あと、ガーデニング関連でいえば、SOLSO (ソルソ) という植栽を手がける集団があるのですが、そこの制服もGDCで作っています。GDCは若い時の自分+グリーン、NAISSANCEは等身大の僕、といった整理の仕方です。

 

2/2ページ: ディレクター熊谷隆志の仕事について

 

- ディレクターとしては、つねにかなりの数のプロジェクトを手掛けていらっしゃいますよね。

全面的にディレクションさせていただいているのは、先ほどの話でも挙がったBiotopと、WILD LIFE TAILORの恵比寿、丸の内、梅田。あと SATURDAYS SURF NYC (サタデーズ サーフ ニューヨーク) 代官山は、日本の展開に関する部分でアドバイザリーとして参加しています。関わっているプロジェクトとしては、だいたいいつも両手で数えるくらいはあるかもしれない。

 

Tweet Biotop Shopビオトープ 20130123biotop11 Shop Information エリア: 白金台
住所: 東京都港区白金台4-6-44
営業時間: 11:00 - 20:00 (1,2F) / 11:00 - 23:00 (3F)
定休日: 不定休
TEL: 03-3444-2894
HP: http://biotop.adametrope.com
詳細を見る Tweet Adam et Rope’ WILD LIFE TAILOR Shopアダム エ ロペ ワイルド ライフ テーラー 20130123wildlifetailor23 Shop Information エリア: 恵比寿
住所: 東京都渋谷区恵比寿西1-32-12
営業時間: 11:00 - 20:00
定休日: 不定休
TEL: 03-5728-6320
HP: http://wildlifetailor.adametrope.com
詳細を見る Tweet SATURDAYS SURF NYC Shopサタデーズ・サーフ・ニューヨーク 20130306SATURDAYSSURFNYC_library Shop Information エリア: 代官山
住所: 東京都目黒区青葉台1-5-2 代官山4Bld 1F
営業時間: 10:00 - 20:00
定休日: 不定休
TEL: 03-5459-5033
HP: http://www.saturdaysnyc.com
詳細を見る

 

- 熊谷さんが提案するライフスタイルは今、広く一般にも浸透していますが、そのあたりの手応えはどう感じていますか?

ライフスタイル提案は、僕はもうだいぶ前からやっています。やりたい方向性もメディアで露出しちゃっているので、何よりライフスタイルとかインテリアは僕の趣味なので、がんばって持ちこたえてやり続けている。僕の方向性を汲み取って、商売につなげたいとか、一緒に何かやっていきたいという人はちゃんとアピールしてきますよね。それで実際に話し合ってみて、あ、同じ方向を向いているなとわかったら、じゃあやろうってなる。最近は、GENERAL DESIGN (ジェネラルデザイン) の大堀伸さんとよく一緒に仕事をしています。彼とは世界観が共有できる。やっぱり同じ方向を向いている人じゃないと、うまくいかないです。

 




- いまに通じる熊谷さんのライフスタイルの原点は、どこにあるのでしょうか?

昆虫と植物と動物は、小さい頃から好きなんです。僕が尊敬する人は、ファーブルとシートンだから。昔からいつも図鑑ばっかり見ていて、いまはそれがたまたま仕事になっちゃったという感じ。いまの男の子たちって、本当すごいですよ。Biotopで、「どの鉢にしようかな〜」とみんな本気で悩んでいる。ちょっと前までだと考えられない風景ですよね。思うに、植物を好きな気持ちって、みんな潜在的に持っている。でも、ちょっと恥ずかしかったり、どこで買えばいいのかわからなかったりして、これまで手が伸ばせていなかったと思うんです。要は、リーバイスとかの古着にこだわるのと一緒。男の子って、この植物は多肉のアレでコレで、って調べるの好きじゃないですか。僕は、そこに行って欲しかった。そして実際に思い通りになったからラッキー、と思っています。

 

- それは、熊谷さんが道をつくったからですね。

僕は、自分の家でもスタジオでも、居心地がよくないとダメな人間なので。基本は趣味です。

 

 (第2回/全2回)【インタビュー】スタイリスト熊谷隆志が語る、東京ファッションのいまと世界のトレンド

 

Takashi Kumagai

Takashi Kumagai

熊谷隆志 (くまがい・たかし)
スタイリスト、フォトグラファー、クリエイティブディレクター。1970年仙台生まれ。渡仏後、1994年スタイリストとして活動を開始。98年レイク・タホ名義で、フォトグラファーとしての活動もスタート(現在は写真も本名名義)。広告・雑誌等で活動するかたわら、様々なファッションブランドのブランディングやショップ内装、植栽のディレクションなど、幅広い分野で活動中。

HP
URL: http://www.takashikumagai.com

NAISSANCE
URL: http://www.naissance-tokyo.com

BLOG
URL: http://blog.honeyee.com/tkumagai