ちび鉄集まれ!『鉄道甲子園2013』大阪梅田で開催、今年は小田急・東武も参戦

関西の鉄道が一堂に集まる鉄道イベント『鉄道甲子園2013 〜ちびっこあつまれ!関西の電車がいっぱい!!〜』が4月27日(土)から5月6日(月・休)にかけて10日間、大阪市北区梅田にあるハービスHALLで開催される。

【関連:東武野田線(大宮〜船橋間)に新型車両「60000系」が2013年から導入】
 
『鉄道甲子園』が開催されるのは、昨年に続き2度目。今年も、未就学から小学校低学年までの子供をもつファミリー対象に行われる。

鉄道協力会社は、大阪市交通局、近畿日本鉄道株式会社、京阪電気鉄道株式会社、南海電気鉄道株式会社、西日本旅客鉄道株式会社、阪急電鉄株式会社、阪神電気鉄道株式会社。
また、今回は関東勢として小田急電鉄株式会社と東武鉄道株式会社が初参加する。

イベントでは、実際に使用されている鉄道機器に触れられるなど、未来の鉄ちゃん・鉄子養成、ひいては鉄道文化発展への貢献を目指すイベントとして「子どものための都市型鉄道テーマパーク」をコンセプトに前回よりグレードアップした内容で行われる。

なお、『鉄道甲子園2013』の入場には、入場料大人 1,000 円(前売り:800円)、3歳〜小学生 700円(前売り500円)が必要。チケットは前売券が各プレイガイドから既に発売されている。当日券はハービスHALLで購入できる。

『鉄道甲子園2013』HP
http://www.tetsudokoshien.com/

鉄道甲子園_昨年鉄道甲子園_昨年鉄道甲子園_昨年