世界で1,492本限定。カミュ社創立150周年記念「カミュ キュヴェ5.150」発売

写真拡大

アサヒビールは4月16日から、フランス・カミュ社のコニャック 「カミュ キュヴェ5.150」を4月16日から発売する。

カミュ社は1863年に創業し、今年で創立150周年を迎える。

このほど発売する「カミュ キュヴェ5.150」は創業150周年を記念し、5代目当主シリル・カミュによって厳選された5種類の原酒をブレンドしてつくられたコニャック。

世界で1,492本のみ限定販売する。

商品名の「5.150」の「5」はカミュ家5代の当主と、コニャック地方の5地域(グランド・シャンパーニュ、プティット・シャンパーニュ、ボルドリー、ファン・ボワ、ボン・ボワ)で収穫したぶどうで造った原酒であることを表現。

また、「150」は5つの原酒の熟成年数の合計を表している。

ボトルはフランス人彫刻家セルジュ・マンソーがデザインした、バカラ社製のクリスタルボトル。

外装カートンは黒い漆の木箱で、裏面には鏡が貼られており、蓋を開けると木箱の色の変化が楽しめる。

同商品は4月16日発売。

価格はオープン。

参考小売価格は50万円(税別)。