東京都・松坂屋銀座店で、高級品も売りつくす閉店セール4/3スタート!

写真拡大

松坂屋銀座店(東京都中央区)は、店舗建て替えのため6月30日に閉店する。

これまでの感謝の気持ちを込めて、4月3日から「全館閉店売りつくしセール」を行う。

今回のセールでは、金絵画・高級家具など高額品を多数取りそろえるという。

4月3日〜15日に開催する「GOLD EXPO〜黄金の世界展〜」は、総重量1トン、総額120億円の金を展示・販売。

金製品やジュエリーの買い取りや、おりん、食器など約800点の金製品の販売や純金箔1万5,000枚を使用した黄金の茶室などを展示。

純金製のストールを実際に羽織っての撮影や、120キロの金塊に触れられる体験コーナーなども設ける。

限定商品として、開運小判(1,000名限定)を10万円で販売。

展示する黄金の茶室は、今回特別に4億円で販売するという。

閉店までは、同店史上初の400坪の売り場で日本画・洋画・工芸品約1,000点を販売。

商品の一例として、東山魁夷(リトグラフ)78万7,500円、児玉幸雄(油彩)250万円など。

また、4月3日〜29日まで、4階の特設会場では高級家具「B&B」と「ドレクセル」の限定品や、特別価格商品を約100点販売する。

商品の一例として、ソファ39万円など。

飲食店では、88周年記念期間限定メニューを展開。

「お好み食堂 蘭」では、昭和初期のメニューを再現した「関西風おでん定食」を1,260円で販売する。

「スギモト」では、平日20食・土日祝30食限定で「松坂牛すき鍋」を3,150円で提供。

また、オープニングの目玉商品として、レザーバッグを3,150円(限定50)、本革パンプス(限定200)を2,100円、紳士スーツ インポート生地使用(限定200)を1万500円で販売する。

更に「1000本市」では、婦人ストールを2,100円〜、婦人ベルトを1,050円〜、婦人傘(雨傘・日傘)を2,100円から取りそろえている。