●伝えたい言葉

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
(C)えのきづ/マイクロマガジン社・「翠ヶ丘高校ESP研・後援会」

TVアニメ「琴浦さん」がTOKYO MXその他にて放映されています。

<キャスト>
琴浦春香:金元寿子
真鍋義久:福島潤
御舟百合子:花澤香菜
森谷ヒヨリ:久保ユリカ
室戸大智:下野紘
琴浦善三:西村知道
琴浦久美子:井上喜久子
石山 巌鉄:菅生隆之
月野 亜紀:渡辺明乃

●ストーリー
翠ヶ丘高校に転校してきた琴浦春香は、一見、普通の女子高生だが、実は人の心を読めてしまう能力の持ち主。
その能力のため幼い頃から辛い経験を繰り返し、心を閉ざして周囲から距離を置いていたが、クラスで隣の席になった真鍋義久との出会いがきっかけとなり、彼のエッチな妄想に振り回されながらも徐々に心を開いていく。
やがて、その力に目をつけた御舟百合子によってなりゆきから彼女が部長を務めるESP研究会に入部することになるのだが…
●ESP研究会解散!
通り魔事件も解決し、ごく普通の日常生活へと戻った琴浦さん。そして彼女の居場所であるESP研究会もこれまで通りと思いきや…。

御舟百合子「本日をもってESP研究会を解散します!」

あまりにも突然の出来事に放心状態の琴浦さん。真鍋君のエ○ス系妄想に対しても全く気付かず。しかしながら、

御舟百合子「本日、新ESP研究会を発足します!」

どうやら超能力者(琴浦さん)を弄って面白可笑しく遊ぶ会のようですが…。今までと殆ど変りませんね!

そう言えば真鍋君と森谷ヒヨリも何かふっ切れた様な…。その後、新ESP研究会発足記念のカラオケへと出掛ける事になります。
●好きっていいなよ。
御舟百合子は琴浦さんを利用していたという事、それも全て把握している琴浦さん。そのうえで琴浦さんは御舟百合子に対して感謝しています。それは孤独な彼女を暖かく迎え入れ、真鍋君その他の友達との和を取り持ってくれた事を。

※しかしながら、御舟百合子と室戸大智の仲は進展しそうで進展しませんね!

琴浦さん「そう言えば私、真鍋君から「好き」って言ってもらった事が一度も無い!」
御舟百合子「サア、ミナガマテルワヨ!」


必死に誤魔化す御舟百合子。

※ちなみにカラオケでの琴浦さんの音痴ぶりは相変わらずだったみたいで。
●お母さんがやって来た!
琴浦さんが自宅に帰ってくると、お母さん(琴浦久美子)がやってきます。

琴浦久美子「気が利かないわね!酒と食事くらい出しなさいよ!」

そこで一人で買い物に行こうとする琴浦さんですが、

琴浦久美子「私も一緒に行く(相変わらず一人で夜歩きしようとするなんで不用心ね)!」

※お母さんは本心ではかなり心配しているようです。

その後、親子喧嘩をする琴浦さんとお母さん。そう言えばお母さんが付き合っていた津山さん、彼は相当の○リコンという事を琴浦さんが見抜いていたようです(結局別れたようですけど)。

お母さんが家を出ていったとき、本当は娘を守り切れなかった自分に対して悔いがあったようです。そして、琴浦さんの寝言を聞いたお母さんは卵焼きを作って立ち去ります。

それらは通り魔事件を和尚から聞いたお母さんが心配して訪れた一晩の出来事。
●百合姫!
琴浦さんは森谷ヒヨリに真鍋君への告白について相談します。

森谷ヒヨリ「そういうときは稽古あるのみ!さあ、私を真鍋と思って告白してみて!」
琴浦さん「はい、師匠!私、貴方がす、す、好きです!」


そこにやって来た真鍋君は何と琴浦さんと森谷ヒヨリの百合妄想を脳内展開!

琴浦さん「森谷さん、素敵だったは。」
森谷ヒヨリ「ふふふ、男の事なんか二度と考えられなくしてあげるわ!」
琴浦さん「はは〜ん!」


※ちなみに森谷ヒヨリのおっぱ○露出!

ともかく琴浦さんの真鍋君に対する告白の準備は出来たようです。
●言葉にした「好き」
琴浦さん「真鍋君は本当に心のままの人なんだね!」

ちなみに真鍋君は琴浦さんに言葉で「好き」って言った事は無かったようです。そして、今回初めて言葉にした「好き」。

琴浦さんのこれからも幸せでありますように。

「琴浦さん」、今回で終了です。


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「琴浦さん」第11話「二重人格」(ネタばれ注意)
【アニメ】「琴浦さん」第10話「真犯人は誰?」(ネタばれ注意)
【アニメ】「琴浦さん」第9話「通り魔事件」(ネタばれ注意)
【アニメ】「琴浦さん」第8話「心が読めなくなった琴浦さん」(ネタばれ注意)
【アニメ】「琴浦さん」第7話「琴浦さんの誕生日会」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「琴浦さん」TVアニメ公式Webサイト
「琴浦さん」AT-X公式Webサイト