開幕から4試合連続のトップ3フィニッシュ!安定感バツグンだ(撮影:ALBA)

写真拡大

<アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI 最終日◇31日◇UMKカントリークラブ(6,470ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI」の最終日。森田理香子がトータル10アンダーまでスコアを伸ばし3位タイフィニッシュ。森田はこれで、開幕戦の「ダイキンオーキッドレディス」優勝から4試合連続でトップ3フィニッシュと抜群の安定感を披露している。開幕から4試合連続トップ3は樋口久子、ト阿玉らに続く快挙となる。
20歳の堀奈津佳、複雑な思いと戦い続けた初優勝
 「今日は全然入らなかった。チャンスのバーディパットもありましたし、短いのも外してしまったりした」とパッティングに苦しみ前半はオールパー。それでも10番パー5のバーディを皮切りに、12番からは3連続バーディを奪ってみせ優勝争いに加わる勢いを見せていた。しかし、14番で「Tポイントレディス」2日目の11番ホール以来となるボギーを叩き万事休す。最終18番をバーディで締めてトップ3入りは決めたものの、「(優勝に)全然届かなかったので」と特に喜びもなく振り返った。
 76ホールで途切れた連続ノーボギー記録については「全然気にしていないです」とサラリ。最終日もノーボギーで終えればアニカ・ソレンスタム(スウェーデン)の記録した80ホールに並んだが、報道陣から資料を見せられても「(ノーボギー記録75ホールの)不動さん、すごいですね」とサバサバとコメントした。
 今季は若手の優勝が多く出ているが、「私もまだ若いのでイケイケでプレーします。下がいようが、上がいようがやるだけです」と2勝目へ気合いを入れなおしていた。

【最終結果】
優勝:堀奈津佳(-14)
2位:野村敏京(-11)
3位T:大山志保(-9)
3位T:森田理香子(-9)
5位T:菊地絵理香(-7)
5位T:西美貴子(-7)
7位T:木戸愛(-6)
7位T:佐伯三貴(-6)
7位T:笠りつ子(-6)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
人気女子プロの秘蔵フォト満載!「写真館」
トーナメント会場から直送!LIVE写真館
美人ゴルファーを紹介!「今日の美ゴ女」
最新のギア情報&試打レポートをチェック