イクラにスイカ、外国語が語源となっている日本語たち



私たちが普段使っている言葉には、外国語が語源、または由来となったものが数多くあります。ロシア語がそのまま使われている「イクラ」や中国語が語源の「スイカ」。ほかにも、カステラやガラス、ボタンなどが、外国語が変化して日本語として使われるようになった言葉です。

今回は、こうした外国語が語源となっている日本語を紹介します。



●オクラ

ネバネバが特徴の野菜・オクラは、海外でもそのまま「Okra」(オクラ)といいます。ガーナのトウィ語「nkrama」が語源なんだそうです。海外での読み方がそのまま使われているのを、知らない人が多いみたいですね。



●カバン

「カバン持ってー!」などと普段から使う日本語。諸説ありますが、オランダ語の「kabas」が元となったといわれています。現代ではあまり使われない古い単語で「旅行カバン」という意味なんだそうです。



●アルバイト

アルバイトはドイツ語の「Arbeit」が語源です。ドイツ語本来の意味は「仕事」「業績」というもの。日本では「本業のかたわらに仕事をする」という意味になっていますね。



●チャルメラ

屋台のラーメン屋の客寄せでおなじみのチャルメラは、ある木管楽器を指すポルトガル語の「charamela」が語源です。江戸時代にポルトガル人がこの楽器のことを「チャラメラ」と呼んでいたことがきっかけなんだとか。



●ランドセル

小学生のころお世話になったランドセルはオランダ語が語源となった言葉です。オランダ語で「背負いカバン」という意味の「ransel」(ランセル)が変化し、ランドセルになったといわれています。



●パン

英語ではパンは「bread」(ブレッド)なのは皆さんご存じだと思います。では日本のパンという呼び方はどこから来たのでしょうか? 実はポルトガル語の「Pao」が由来といわれています。読み方はそのまま「パン」。もしイギリスから伝来したものだったなら、「ブレッド」になっていたかもしれませんね。



●カンパ

「カンパお願いしま〜す!」のカンパはロシア語の「kampaniya」(カンパニア)が語源。ロシア語では「大衆に訴えてある目的を達成しようとする運動」という意味です。



●チンゲンサイ

チンゲンサイは中国語の「青梗菜」(チンゴンツァイ)が語源です。チンゲンサイは中国の野菜ですが、原産地は地中海周辺だといわれているそうです。



●マンション

英語の「mansion」(マンション)がそのまま使われていますが、英語本来の意味は「豪邸」なので、日本での意味とは少し異なりますね。



●ズボン

ズボンはフランス語の「jupon」(ジュポン)が語源といわれています。日本で使われるようになったのは幕末から明治にかけてから。当時からいろんな漢字が当てられていたそうです。



●ワイシャツ

日本では「Yシャツ」なんて表記もしますが、元となっているのは英語の「white shirt」です。ホワイトシャツが変化してワイシャツになったのだとか。本来は白いシャツという意味でしたが、日本ではシャツの形を指す意味になっていますね。



普段使っている言葉の中には、こうした外国語が由来、または語源となっている語がたくさんあります。海外の文化をうまく取り入れてきた日本ならではといえるでしょうね。ほかにもさまざまな外国語がもとになった日本語があるので、興味がある人はぜひ調べてみてください!



(貫井康徳@dcp)